Archive for the ‘デザイン’ Category

ブラックチェリーの李朝棚

李朝棚スタイルの飾り棚です。 2017年、新年の賀状に用いた新作です。 こうした飾り棚ですが、過去、様々なスタイルで作り続けてきたジャンルであり、私にとっては欠かせないものです。 ショールームに鎮座していた同種のものが買 […]

More »

“プロダクト的思考”と“手作り家具”(その5/面腰・蛇口)

前回のドイツのテキストからの図版ですが、せっかくですので、解説のコメントを付しておこうと思います。 番号順にいきましょう。 #369 面腰の仕口ではありますが、枘が上端に開いていますね(次の#370も同様)。 枘と言うよ […]

More »

“納まり”と“逃げ“ (個展会場の作品から)

個展も会期半ばと言うことになりますが、1月間という、かなり長期にわたる百貨店での会期を運営するのは大変です。 出展者である私は週末を中心に立ち会うようにしているものの、それ以外は百貨店のスタッフに委ねざるをえず、接客対応 […]

More »

デスクを作る

2016年、開けました。 当地、穏やかな正月でしたが、私は友人や親族との交流も盛んに、楽しい日々でした。 皆さんは如何でしたでしょうか。 内外、様々に問題を抱えての年越しになりましたが、弛まず、へこたれず、前を向いて歩い […]

More »

ミズナラのテーブル

このデザインは、工房 悠の、ある種、定番的なものです。 自分の中では未だ古びず、お気に入りです。 なにゆえ、と聴かれても返答に窮してしまいますが、 無駄を省き、テーブルとしての機能を満たしつつ、 端正な造形の美しさが出て […]

More »

柳宗理さん死去を悼む

今朝の新聞の訃報で知った。 96歳という高齢。 私が氏にお会いしたのは、1997年OZONEでの『柳宗理展ー三角スツールからの展開』レセプション会場でのこと。 二言三言お話ししただけのことだったが、寡黙で静かな佇まいが印 […]

More »

ミュージックスタンド 更新と課題

ミュージックスタンド、いわゆる譜面台。 既に1つのモデルが作られていたが、これを更新した。 基本的なデザインに大きな違いは無い。 以前、メジャーなオーケストラの常任指揮者をしているN氏宅の食卓セットなどを制作させていただ […]

More »

フット 二態

これはミュージックスタンドのフット部分、塗装中。 以前はフラットな形状だったが、このようなカマボコ面に替えてみた。 この脚部は先端に向かい、高さも厚みも徐々に小さくなっていくので、面取成形もイージーでは無く、手鉋シコシコ […]

More »

玉杢・ケヤキの卓(その2)

3尺角の玉杢を持つケヤキの座卓ということであれば、そのフォルムはただシンプルな方が良いだろう、ということで画像のような脚部デザインにした。 甲板は四方を少し太鼓に張らせ、角は大きくタイトにカット(これは脚部造形に相応させ […]

More »

Black & White

画像はセンターテーブル(部分)。 ブラックウォールナットを主材とする構成に、白木の部材を取り込むことで、いっきに雰囲気が軽やかに、あるいは見方によってはモダンなイメージを醸すので、とてもおもしろく思った。 主材:ブラック […]

More »