Archive for the ‘木工家’ Category

〈日高工房オープンワークショップ〉への参加から

11月最初の週末、信州、佐久の山里・香坂にある日高英夫氏の工房において、阿部蔵之氏主宰による【日高工房ワークショップ 「 スーパー座刳り装置の公開・解明 」- 木の大学講座イクスカーション2016】が開催され、参加させて […]

More »

新たなLinkついて(ろくたる:服部さん)

3.11から4年、ということで記事を上げてきたのですが、関連して、新たにお一人の木工家のBlogをLinkさせていただきます。 〈ろくたる〉こと服部篤さんのBlog「ろくたる工房日誌」です。 他でも無く、3.11緊急災害 […]

More »

苦い話(框組の飾り棚)

前回の仏壇のポストへのコメントで、繊維方向と直交、という話がありました。 とても大事なところですので、別稿を上げ、畏れながら、注意を喚起しておきたいと思います。 「注意を喚起」などと、やや大げさな物言いになりましたが、こ […]

More »

新たなLinkついて(木工屋 みしょう/はやし弘志 さん)

知人の木工家がWebサイト(およびBlog)をRenewalしましたので、これを機にLinkに納め、紹介させていただきます。 はやしさんとの交流はさほど古くは無く、ここ5、6年ほどのものでしょうか。 旨い酒を呑ませるとこ […]

More »

《 阿部蔵之 》という人

Webサイト《阿部蔵之》の公開 〈木工家具の工房 悠〉のLinkページに新たに追加したサイト、人について、ここで紹介しておきたい。 私が紹介の労を執るというのも実は大変おこがましく、その分、筆勢も鈍るわけだが、それにはい […]

More »

クォリティーへの評価(オリジナリティーとの対比において)              ── 村上富朗さんの仕事 ──

ボクはウィンザーチェアについて特段語るべきことを持っているわけではない。 今日の考察については解釈における間違いが含まれるかもしれないが、そこは知見を持つ人からのコメントで補強していただければありがたい。 他でもない、さ […]

More »

村上富朗さん、どうぞ安らかに

日本を代表するウィンザーチェアメーカー、村上富朗さんの訃報です。 享年62歳。生き急いだ人生でした。 私はあまりに遅れてきた青年でしたが、木工を志した頃、彼は既に著名なチェアーメーカーでした。 新宿小田急ハルクにおいて、 […]

More »

小海町高原美術館・木の椅子、関連イベント

17日から昨日19日までの3日間、小海町高原美術館では集中的にいくつかの関連イベントが開催された。 イベント内容については先に案内したところだが、主要にはフィンランドの国情、自然、建築(アールトをその代表とする)などの紹 […]

More »

POP UP studioに描く(森下真・家具展)

表現活動において、展覧会という催しに何を求めるか、という問いにはいくつかの答え方ができると思う。 これはファインアートに限らず、ボクたちが企画する木工家具の展覧会においても本質的に大きな差異はない。 すなわち、作家が心血 […]

More »

老いを忘れた木工職人

画像はかつて修業時代に世話になった親方Fさん。 白山スーパー林道でのショット。 世話になった期間はわずかに1年足らずであり、ボクのことを弟子とも思ってはいないかも知れないが、しかしその時間の長さをはるかに超える多くのこと […]

More »