Archive for the ‘木工家具’ Category

小さなキャビネット

ケンポナシ(玄圃梨)の壁掛けタイプのキャビネット。 80年代末期の制作。 私が木工を初めて数年後の習作。 少し前、旧い工房を整理していたら出てきたもの。つまりは死蔵品。 想い起こせば、1988年の夏、J・クレノフ氏による […]

More »

ブラックチェリーの李朝棚

李朝棚スタイルの飾り棚です。 2017年、新年の賀状に用いた新作です。 こうした飾り棚ですが、過去、様々なスタイルで作り続けてきたジャンルであり、私にとっては欠かせないものです。 ショールームに鎮座していた同種のものが買 […]

More »

《Shaper Origin》の驚き

2017年が明けましたね。 本年もこのBlogの運用を通し、日々の活動を記したり、思考のプロセスを残したり、さらには木工関連の情報を共有したりと、これまで同様に活用していこうと思います。 どうぞ本年もヨロシクお付き合いく […]

More »

ハシバミの効用と、視覚的美質と、経年変化への怖れ

ハシバミとは ハシバミ(端嵌?orハシバメ?)は無垢材を扱う木工の仕事においては比較的一般に広く用いられる手法の1つです。 無垢材は置かれる環境(湿度=大気中の水分量)の状況変化により、間違いなく反ろうとします。 木は伐 […]

More »

残念なミニサンダー購入(RYOBI S-555M)

はじめに サンディングは木工作業では欠かせない工程です。 加工、仕上げ工程の最後の段階、つまり塗装を施す前段階である〈素地調整〉は必須の工程で、一般にはサンディングマシーンにより行われます。 広い板面をサンディングする場 […]

More »

〈日高工房オープンワークショップ〉への参加から

11月最初の週末、信州、佐久の山里・香坂にある日高英夫氏の工房において、阿部蔵之氏主宰による【日高工房ワークショップ 「 スーパー座刳り装置の公開・解明 」- 木の大学講座イクスカーション2016】が開催され、参加させて […]

More »

集塵ダクト工事(追補)ブラストゲートなど

設置時、全ての端末に取り付けたブラストゲートですが、125φのブラストゲートが足りず、一部ゲート無しでそのまま配管していたのでしたが、やはり状況によっては風力が削がれてしまいそうで導入することにしました。 読者のacan […]

More »

チェリーの仏壇

私は木工屋ですのでテーブルからキャビネット、椅子など、全般にわたり制作してきましたが、どちらかと言えばややキャビネットメーカーに傾斜していると言えるかも知れませんね。 そんな日常に時折仏壇の制作依頼があります。 桜が散り […]

More »

『組手』(阿部蔵之 著)の刊行によせて

『組手』刊行の意味するもの 木工界にとっては1つの事件とも言うべき敢行(刊行?)であるかもしれません。 『組手 ー國正流・江戸指物の美ー』が発刊されました。 國正流 十三代相伝・阿部蔵之氏によるものです。 ここに開陳され […]

More »

鉞、大鋸、釿、槍鉋、(於:京北「匠の祭典」短評)

梅雨開け間近の連休、祇園祭りの喧噪を離れ、京都市街から西北に30km地点に拡がる杉林に覆われた京北地域で開かれたイベント。 この豊かな森に囲まれた〈京北森林組合木材加工センター〉において開催された「匠の祭典」に参加しまし […]

More »