工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

苦い話 〈copyright〉(著作権)の無視・続

150308x

承前)

プロとアマチュア、について

私はBlog運営をコミュニケーションツールの1つとして考えており、読者の方々、木工関係者へと、木工関係を基軸としながらも、広い視点から様々な領域に渡り記述してきましたし、今後もそうありたいと考えています。

Blogという性格から、つまらない雑文が多いのもその通りですが、中には数年にわたり、数多くヒットする記事もあったりで、相応の責任を感じつつ、人生の少なく無い部分を、このBlog運営に費やしているといっても、あながちおおげさではありません。

今回の盗作者は、判然としない部分もあるものの、いわばアマチュアの方のようでした。
プロであれば、著作物がいかに大事なものであるかの認識は高い物があると考えられますが、いわばアマチュア、趣味の方々の無自覚さゆえの事案であったとも感じとられました。

この辺りはネットというもののフラット性の悪しき側面が露わになったものとも言え、そのこと事態への思うところはあります。
ただ、どなたが閲覧しても構わないネット社会ですので、こうしたことも起き得るわけです。
防止対策にも限界があります。

今回の無断盗用というのは、私にとりかなりショッキングなことでした。
過去には1件だけ、〈荒らし〉のような、悪意に満ちたコメントが続いたことがあり、それに次ぐ、二度目の問題となってしまったわけですが、Web運用している限り、こうしたことは避けがたく、その後の対処を首尾良く進めることの方が大事なようです。

焦らず、慌てず、しっかりと権利を行使し、著作物を守ることですね。
More »

苦い話 〈copyright〉(著作権)の無視

150307

苦い話、もう聴きたくも無いでしょうし、私自身、話したくもない、というのが正直なところ。
しかしWebやBlog運用では欠かせない基本事項に関わる事じゃ、等閑視(スルー)もできないよ。泣;
もう1本だけ、上げさせていただきます。

〈copyright〉の無視、とタイトルしましたが、最近、このBlogからの画像盗用という事案が発覚し、いささか滅入りました(発覚したのは最近のことですが、盗用されたのは3年ほど昔のことだったようです)。

copyright、つまり著作権を無視され、このBlogの画像がパクられ、盗用者のBlogに何らの断り書きも無く貼り付けられていたというわけです。

パクられるうちが花よ、と苛立つことなく、長閑に構えるのも一興ですがね。ハハハ。

このBlog、Web上の木工の世界で、どれだけ読者を獲得し、影響を与えているかは知りませんが、これまでこうした盗用は気づくことも無く推移してきましたので、たいして影響など無いんだろうな、と高を括っていたわけですが、今回の事案で、ちっとは見てもらえているんだなと半ば嬉しくも(へへへ)。

ま、しかし、このBlogも〈copyright〉を宣言していることもあり(このページ、最下段欄外の表記、および,メニュー[about me]内〈リンク、著作権について〉での記述)、違法な物は違法ですので、放置しておくのも、何やら違法を奨めるようで、やな感じじゃないですか。

そこで、この盗用した相手さんと数回のやりとりを経、謝罪、および、今後一切こうしたことはしないとの文言を出していただき、了としたところです。
More »

新工房および住居の造作、設備(その5:トイレット)

トイレット

050304b

ショールーム脇にレイアウトされたトイレ、化粧室です。

2m × 2mの1坪強のスペース。
ここに大小の便器。壁面には大きめの洗面ボウルが載る、収納付きミズメ材のカウンターを設置。

床は濃青色のテクスチャー感のある磁器質タイルを張りました。(テクスチャー感:ツヤ消しで、ランダムに凸凹があり、石材のようなテクスチャー)

これはイタリア産のタイルですが、クールなイメージでGood !

洗面ボウルは82cm幅というトイレ付設のシンクとしてはかなり大きめのサイズで、オーバーフロー付きですので、安心してしっかりと手荒い、洗面ができます。

壁面にも一部、磁器質タイルを張っています。
衛生面、メンテナンス面で重要な仕様です。

空間デザインとしても、パウダールームとまではいかずとも、快適に過ごせるよう設計デザインしたつもりです。
More »

新工房および住居の造作、設備(その4:洗面コーナー 他)

ずいぶんと間隔が空いてしまいましたが、〈新工房および住居の造作、設備〉を、残り数回にわたって再開します。

洗面コーナー

150302d

今回は〈洗面コーナー〉。
一般の個人住宅ではバスルームに続く脱衣所などに置かれることの多い洗面設備ですが、
うちでは、リビングに繋がる廊下の北側の突き当たりに配されました。
比較的広い空間ですし、窓からの光もあり、明るく開放的なコーナーになりました。

これは設計士、カーポス工作所の森岡さんのプランによるもので、私としても気に入っているレイアウトです。

開放的な洗面コーナー

この南北方向に配された長い廊下ですが、双方の窓を開け放てば、ここを直線的に風が抜け、リビングを換気させる効果を持ちます。

洗面コーナーはその端っこ。トイレの壁面に設備されています。
More »

苦い話(框組の飾り棚)

150227a

前回の仏壇のポストへのコメントで、繊維方向と直交、という話がありました。
とても大事なところですので、別稿を上げ、畏れながら、注意を喚起しておきたいと思います。

「注意を喚起」などと、やや大げさな物言いになりましたが、これにはある苦々しい思いがあるからなのですよ。

既に、その作者は物故者ですが、亡くなったとはいえ名誉は遺りますので、ここではあえてIDは特定せず、かつ詳細に分け入ると、より辛くなりますので事実のみをザックリと書きます。

昔のことになりますが、世話になっていたギャラリーの企画で、ある著名な木工作家の個展において栃の飾り棚が買い求められ、これが数年後にトラブルを起こした。

棚板がパックリと割れたのです。
それもそのはず、棚物の框組の帆立の柱、および横桟に無垢の棚板が枘で納まり、ボンドで固められていたのです。

わずかに数年で棚板の収縮が起こり、帆立側で完全に動きを止められていたため、動くに動けず、最後には破断してしまったのでしょう。
More »

Safariブックマークの同期について

ブラウザ、Safariのブックマークですが、iCloudが進化したことで、全ての端末で簡単に同期できることはたいへんありがたいものなのですが、これが意外と厄介な代物であるのは、多くのユーザーが気づいているところだろうと思いますよ。

iPhoneのSafariブックマークを管理していて、iCloudから、フォルダが壊れ漏れ出し露わになったブックマークが雪崩れ込んできちゃったことありませんか。
中には輻輳したものもあったりして。

何故こんな事になってしまうかと言えば、iCloudのSafariブックマークのリストが壊れているからですよね。困ったものです。
今日はSafariブックマークを一度すっきりさせちゃおう、というお話しです。

さっそくいってみましょう。

iCloudのリセット

これをリセットするのは、意外と大変。
More »

ブラックウォールナットの仏壇

材料

other.butudan.bw01

良いものを作るには、様々な要素の集積が必要となるわけですが、私たち家具職人にとり、重要なファクターの1つが素材であることに異論は無いと思います。

これはたぶん、ほとんどのモノ作りにおける真理の1つだろうと思いますが、わけても自然素材を材料とする木工品では、決定的とも言って良いほどのものがありそうです。

素材に助けられ、素材の命をもらい、これに励まされ、その品格にふさわしいモノを作ろうとさせるある種の啓示と、戒めが、作者を奮い立たせ、良いモノに結実することになるのだろうと思います。

これはブラックウォールナットの仏壇です。
一般に仏壇と言えば、その材料は唐木であったり、国産材ではケヤキや栓といったものが用いられているわけですが、最近では家具調仏壇とか、モダン仏壇と称されるものに、こうしたブラックウォールナットなども用いられるようになってきたようです。

私はブラックウォールナットを原木製材で在庫管理をし、比較的豊富に所有していますが、これは6年ほど前に製材した末口70cmほどもある太い原木からのものです。

以前、ここでも紹介させていただいた大きなデスクの材と同じ原木からのものです。
デスクでもそうでしたが、全面に縮み杢が配され、また濃色で色調豊かなところが特徴的な材です。

樹齢のあるものですので、暴れも少なく、物理的安定度も確かなものでした。

こうして、今回もまた素材の魅力、品格に助けられ、良いモノを作ることができたのです。
More »

コンパクトルーター(トリムルーター)機種比較

はじめに

先のFestool トリムルーター〈MFK700〉に関しては、ある読者から「購入する予定でいたところ、この記事で思いとどまってしまい、どうしてくれる?!」(笑)といった内容のメールがあり、もう少し詳細に比較検討した方が良かったかなと、いささか反省しているところです。

結論的にその評価が変わるものでは無いと思いますが、私自身の理解を深めるためにも、さらに考察を加えていきます。

なお、序でですので、マキタなど他社の同カテゴリーのトリムルーターも、比較検証することにしました。

取り上げるのは以下のコンパクトルーター(トリム ルーター)です。

  • Festool:MFK 700
  • Dewalt:DW611PK
  • Porter Cable:450
  • マキタ:3709
  • マキタ:RP0910(日本限定:8mmルーター)
  • Makita:RT0701CX7(米国限定、プランジ機構付き)
※ なおマキタRP910は、ミドルサイズのルーターというカテゴリーに入るもので、本来今回の対象には入れるべきでは無いかも知れませんが、マキタでは8mmを装着できるトリマーが無く、ミドルサイズの8mmルーターとして、あえて対象としました。

More »

Webサイトのメンテナンス

Webサイト「木工家具の工房 悠」に手を入れ、さらに閲覧しやすくしました。

150212a「木工家具の工房 悠」はWordPressをCMS的に活用したサイトですが、ふだん、メンテナンスにまで手が及ばず、設置後、いくつかのメニューを増強したり、ポートフォリオ(My Work)に新たな作品を収めたり、固定ページを少し増強したり、という程度で推移してきていました。

〈CMS的活用〉ですが、これはポートフォリオに新たな投稿をすると、その告知がTopページなどに自動生成される機能などもこれに含まれます。

私が新しいWeb構築のオーサリングソフトとしてWordPressを選択したのは、この機能に着目したからに他なりません。

無論、WordPressはオープンソースのソフトウェアであり、フリーであり、また様々なプラグインも世界中から提供されるという現代性への高い評価も無視できないわけですが、私の場合、CMS(content management system)的活用が大きな動機付けになったというわけですね。
More »

機械、電動工具をその性能、品質から考える(MFK 700 Trim Router)【番外】

はじめに

本編については、編集上、あるいは記述内容からも、改編した方が良いところはいくらでも指摘できそうですが、今はそうした余裕も無く、ひとまず終えたいと思っています。
そうした立場ではありますが、読者でここだけは指摘しておきたい、あるいは判読不能などといったところがあれば遠慮無くご指摘ください。誠実に対処したいと考えています。

さて、今回の論考では国内電動工具メーカーを俎上にし、欧州の電動工具メーカーとの比較対照から問題点を浮かび上がらせるという手法を取ってきましたが、具体的にはFestool社のものが対象になることが多く、また総合的にも同社は秀逸なものを市場に送り出しているメーカーとして評価してきました。

ただ、このFestool社の電動工具で困惑させられてしまったものがあります。
何事も例外というものはあるようです。

おっと、この物言いは、あまり正しくは無いかも知れません。
私の単なる勘違いの要素もあるからなのですが・・・。
私が導入したFestool社の電動工具の中で、ただひとつ、死蔵した状態のものがあり、今日は「番外編」としてその機種を取り上げます。

MFK 700 Trim Router

辛いところですが、明かしましょう。
FESTOOL社の〈MFK 700 Trim Router〉です。
このトリマーを導入したのは、2011年のことだったでしょうか。
More »