Archive for the ‘木工家具’ Category

ミズメのベンチ(続

座繰り 椅子の座刳りですが、数が多い場合は、うちではピンルーターで型板を使い彫り込んでいきますが、 こうしたベンチですと長尺であるため、それは難しい。そこで、以下のようなプロセスを取りました 座板の外形を成形しておく 前 […]

More »

ミズメのベンチ

制作までの経緯 ベンチは私の制作対象の中では決して多くはありませんが、それでも過去、10台近く作ってきているでしょうか。 今回制作したTop画像のものは同一意匠のものとしては2台目になります。 最初のものはWebサイトに […]

More »

不要になってしまったアメリカから取り寄せたテキスト

〈WOODCRAFT〉という米国の木工関連通販店があります。 インターネットなど普及する以前の30年ほど前からクレジットカードとファックスがあれば、国内では入手が覚束ない電動工具から始まり、様々なジグ、部品などがリストさ […]

More »

家具職人、晩年の人生を垣間見る

晩年の人生をどう送るのか、長く生きていれば均しく誰もがぶち当たり悩み考える課題だ。 私は世上言われるところの団塊の世代。周囲の同年の知人のそのほとんどは会社勤めをリタイアし、半減する給与に甘んじつ再就職で精を出す者もいれ […]

More »

園児ロッカー

先に記事に上げた教会の調度品・講壇と併せ、併設する幼稚園の園児たちが使うロッカーの依頼があり、72人分というボリュームでの制作でした。 若い頃、松本民芸家具の販売店からの依頼で幼稚園家具の制作を何度か経験していますが、現 […]

More »

抽手の仕口を〈寄せ蟻〉で

抽手やつまみを木製のカスタムメイドで作ることがあります。 私は抽手やつまみは基本的にはハードウェアとしての金属製が望ましいと考える立場ですが、思うようなものが入手できない場合などでは木製という選択肢に拡げることもあります […]

More »

BOSCH 12Vコードレス電動カンナへの羨望の眼差し

前回ご案内したBOSCHのエルゴノミク ハンディトリマ・GKF10.8V-8H ですが、バッテリーのLi-Ion化による蓄電量の増大を背景に様々な工具をコードレス化させている時代の1つの表象でしたが、同じ10.8V(12 […]

More »

BOSCH 10.8V コードレストリマー GKF10.8V-8H

ボッシュからコードレストリマーが販売されている事を知ったのは、最新のFWW誌 No.273の紙面からでした(右下) その記事のタイトルは「Handy ergonomic router」というもの。 うちには Porter […]

More »

マホガニーの講壇(Pulpit)2

前回に引き続き、少しディテールなど。 ただ、制作途上は時間的余裕も無かったことから、写真撮影は限られたものしかありません。 講壇本体 まずは講壇本体の背部からのショット。 駆体内部は棚が1枚。 机面はA4サイズの書見台の […]

More »

講壇、あるいは説教壇(Pulpit)

教会で牧師が説教するための壇です。 牧師からの依頼で制作しました。 いくつもの意匠を提案させていただき、最終的に残ったのがこれです。 この意匠は必ずしも教会という特異な場における壇というものでもなく、一般的な講演台などに […]

More »