工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

カーリーメイプルの ジュエリー チェスト(その4)

トール ベース

ジュエリーチェスト

このジュエリーチェストを載せるベースですが、500mmほどのWideに対し、甲板まで950mmの高さがあることから、“トールベース”と表記。

これはジュエリーチェスト、収納部へのアプローチに手頃な高さからのものです。

全体のバランスからしてやや重心が高くなりますが、これはこれで、スタイリッシュなプロポーションではあると思うのですが、如何でしょう。

脚部などに独自の意匠も視られますので、その辺りを中心にご紹介します。

構成

4本脚のトールキャビネット

  • 左右帆立の側板、背板などは1枚の無垢板
  • 正面は1,500Rの円弧状の棚口2本。
  • 底板
  • 甲板は脚部意匠に相似形に成型され、駒留め
  • 抽斗はフルトラベルの機構を有するスライドレール方式

脚部、および 抽斗収納部

42×60mmの断面を持つカーリーメイプル材を、テリ脚に成型。
この工程の前段階、脚部は45度に捻る形の意匠にしますので、そのための胴付き面を成型確保する必要があります。

つまり、帆立側と棚口側、および背板側の枘が挿入される胴付き面を獲得すべく、42×60mmの平角材の2面を45度に切削しつつ、同時に全体をテリ脚に成型していきます。
当然ですが、テリ脚とは言え、抽斗がくる部分の胴付き面はあくまでも平滑面として残し、残余の下部を成型していきます。

次いで、これら胴付き面の逆側に、20度の角面を獲得します。
この結果、断面で視れば、7角形になります。

このように45度に捻りつつ、対面にはエッジをもたらす面取りを施していくわけですが、これはテリ脚のプロポーションにより豊かな表情をもたらすための手法です。

More »

カーリーメイプルの ジュエリー チェスト(その3)

カスタムメイドの三段引きスライドレール
カスタムメイドの三段引き木製スライドレール

寸法と構成について

サイズ:480w 300d 255h
ジュエリーチェストの標準的なサイズはどれほどのものか、これは基準となるものなどあるわけでも無いので任意に決めています。

あえて云えば、ベースの抽斗部分にA4サイズの書類が余裕を持って保管できるほどのものとし、そこから演繹させてのチェスト部の寸法割り付けという算出になっています。

また、この左右の袖・開き扉の材ですが、側面は1枚板の無垢材であるのは言うまでもありませんが、実は、この側面に接続する背面と見付側までの残り2ブロックも、側面から延長された、1枚の板からの木取り、
つまり 背面ー側面ー正面(見付)合わせて1枚の板からの木取りでして、420mmほどの横幅になるのですが、これは手持ちの材の横幅、ギリギリの制約から規定された奥行き寸法というわけです。

無垢材の家具制作では、様々な工程があり、それぞれに重要なポイントがありますが、木取りのプロセスはその中でも重要な工程の1つです。
設計仕様を満たすに足る部材を切り出すだけに留まらず、無垢材の家具ならではの仕上がりの良質さを決めるのも、この木取り工程と言えるわけです。
家具のそれぞれの部位にふさわしい物理的特性を備え、かつ、それぞれの部位にふさわしい美質を表すような木取りを心がけていきます。

画像をご覧のように、正面(見付)側にカーリー杢がが良く醸されている柾目がきているのも、そうした側面全体の木取りの結果です。

話を戻しますが、この(制約を含めた)側面寸法を基準とし、これにバランスを取る形で長辺側の寸法を割り出しています。

木取りにおける制約、そしてベースを含めた全体のバランスなどを考慮していくことで、自ずから全体の寸法も決まってくるということです。

中央ブロック

本体中央部の組み立て
More »

カーリーメイプルの ジュエリー チェスト(その2)

ジュエリーチェスト

今回のような小型のキャビネットで、独自の機能を要求される木工家具制作などは、一般の家具とは別次元の技法、納まりの在り様、それらへの新たなアプローチが求められるところから、制作過程では日々、新鮮な気分が横溢しつつの作業となり、なかなか楽しいものです。

長いキャリアで木工職を弛みなく活き活きと継続するには、培われた技法で淡々と作り続けるのも良いでしょうが、こうした新たなジャンルへのアプローチは、老いてなお若々しく木と戯れるのも、悪くありませんね。

なお、1つ、1つの技法などは、これまで培ってきたものの応用であったり、拡張されたものが基本で、決してそれ自体新奇性を問われるものと言うより、発展形といった位置づけのものが多いです。

これは木工職に限らずだと思われますが、キャリアごとの時点で、作られるものは常にそれまでに培ってきたものの集大成です。
技法や職能の進化を生み出すには、日々、自身の仕事に真剣にに立ち向かい、心中深く描く、よりよい意匠を叶えるため、合目的的で、無理、無駄の無い技法の獲得と、その練度が問われ、これに応えていく日々の積み重ねが求められてくるということです。

老いとともに、数日前に会った人の名を忘れることはあっても、日々の厳しい仕事のなかから修練され、自家薬籠中のものとなったモノ作りのエッセンスは、決して失われることも、裏切られることなども無く、そこを信じ、またそこから新たな次元への飛躍へとチャレンジしていくことで、木工職としての歩みも、打ち鍛えられた良質な刃物の鋼の如くに、日々鍛えられていくことでしょう。

前振りはこの程度とし、今回のジュエリーチェスト制作における要点などを記述していくことにしますが、まず最初に素材である材木について項を設けさせていただきましょう。

More »

カーリーメイプルの ジュエリー チェスト

ジュエリー チェスト

ジュエリーチェストという新たなジャンルに初トライ。

鉋イラスト

ブラックウォールナットの小函
ブラックウォールナットの小函

その昔、小函を制作した際、その一部に内部をパーテーションで仕切り、ベルベッド生地を張り巡らせ、ジュエリーBoxとしたことはありましたが、本格的な収納家具・チェストの型式としては初めて。

以前より、瀟洒な小型の家具を作りたいとの欲望がありながら、着手をためらっていた。
しかしともかくも、作る中からこの独自の分野の課題も視えてくるだろうということで、重い腰を上げてみたというところでしょうか。

まずはご婦人が使ってみたくなる…、化粧室、寝室に置いてみたい…、といった高揚感を与えるものでありたい。

かといって、決してデコラティヴなものではなく、シンプルでモダンな住まいの一角に、静かに美しくフィットし、しかし確かな佇まいを与えてくれる何ものか。
そうした思いからの設計プランです。

収納するものはジュエリー、アクセサリーですので、そうした美を備えた貴重な装身具を収納、展覧するものにふさわしく、選び抜かれた自然素材を用い、木工技法のの粋を集め、丁寧な作りを投下し、気品を与えるものでありたいと追求したものです。

More »

ルーターのフェンスを更新

ルーターマシンのフェンス
ルーターマシン

うちでは大型機械のルーターマシン、いわゆるピンルーターを起業時より導入し、これなくしては仕事にならないほどに依存しています。

今回のルーターフェンスの話しですが、現在使っているのは導入時に作ったもので、1年に1度、平滑性の調整のため、手押し鉋盤を軽く通す程度でこれまで長らく使い続けてきたのですが、

ネット販売のサイトを渉猟中、木工用フェンスに特化したアルミ製のL字型チャンネルが目に飛び込み、胸の高まりを覚え、思わずプチッ。😓
これをベースに新たなフェンスを作ってみようと思い立った次第。

L字型 Tスロット トラック

L字型 Tスロット トラック
L字型 Tスロット トラック

右図がその断面。
フェンス面、75mmという高さは、目的のルーターフェンスとして手頃なものですが、定盤接地面の35mmという幅はやや心許ないのは否めません。
長さは数種あり、1mのものを選ぶ。

ご覧のように、こうしたアルミ鋼材はT字スロットが施されているのが1つの特徴で、拡張性が高くなっています。

ただルーター用のフェンスの場合、このままでは中央部分にあたるところにくる主軸部分のルータービットが干渉しますので、このアルミフェンスに左右、独立した木製のサブフェンスを結合させ、中央部の主軸に対し、開口部を任意にセットするための加工が必要となってきます。

これらのフェンスとサブフェンスの接合には、本体のT字スロットが活きてくるのは言うまでもありません。
ビットの大きさに対応させ、広く、狭く、開口部を任意な幅にセットできるような設計が求められます。

More »

ミズナラのベッド

ベッド

ご覧の通り、シンプルなデザインのベッドです。
私に制作依頼されたオーナーはデザインはもちろんですが、無垢材を用いたハンドメイドの家具への強い拘りを持つ方で、お話を受け、着工までは半年を超えるやりとりが繰り返され、今回、制作を終え、納品へと漕ぎ着けた時は、感慨一入でした。

長年、木工屋をやってきましたが、実はベッド制作の機会は数えるほどしかなく、公式Webサイトに掲載したのはその中の1件のみ。

真正マホガニーによる天蓋付きのベッド

これは当時、親しくしていただいていた著名な陶芸家からの依頼でした。

廃業する家具会社から譲って頂いたホンジョラス産のマホガニーをふんだんに用い制作した若い頃の仕事で、精一杯作らせていただいた渾身の作です。
ヘッドボード中央のダークな色調のものはクラロウォールナットです。
マホガニー 4Post ベッド。この画像は亡くなられた陶芸家から譲り受けたお宅に設置されたもの)。

さて、今回 用いた材種ですが、当初はブラックチェリーで考えていたのでしたが、工房のギャラリーに展示されている家具や、在庫の木材をご覧になっていただいた結果、迷われた末に選ばれたのはミズナラでした。

ミズナラ 柾目材

2mの長さのサイドレールには7年ほど前、柾目に製材したミズナラを。

そして、20年ほど昔、地元の大手製紙会社から購入を持ちかけられた、南アルプス産、1m越えのミズナラ材をヘッド、フットボードのパネルに(上の画像がそれ)。
これは本柾で400mm幅という、かなり贅沢な木取りになります。

ところで、楢材は家具材として良質の評価は定着しているわけですが、反りやすいというのが欠点。
そうした特性があるところから、楢材の場合、一般には反りにくい柾目で製材します。
芯持ちの板目で製材しますと、乾燥過程において間違い無く大きく反り、歩留まりも悪く、具合良くありません。
柾目製材であれば、こうした反りを防ぐことができます。

ただ、楢材の柾目は、板面に髄線が斑として表出されてしまう(虎斑/トラフ)ことは知っての通り。
家具市場では、こうした楢材固有の斑を嫌う傾向があることも事実のようです。

因みに、オーク家具で有名な英国のトラディショナルな家具の場合、あえてこの虎斑を前面に押し出し、意匠の特性の1つとすることもあるわけですが、この材種の物理的特性と、虎斑という木理が醸す表情を積極的、合理的に評価した結果としての活用と言えるかも知れませんね。

今回は、発注者との合意を得た上で、この虎斑をあえて活かした木取りにしました。

ベッド(+ウッドスプリング)
ベッドにウッドスプリングをセット
More »

FESTOOL 8mm プランジルーター OF 1010 R

FESTOOL Router OF 1010 R
Festool Router  OF 1010 R

はじめに

FESTOOLの仲間が1つやってきました。
8mmチャックのプランジルーター、OF 1010 R です。

この機種名ですが、実はかなり古くからあったかと記憶しているのですが、現行品はそのメジャー更新版になります。

この機種名の〈1010〉とは消費電力、つまりマシンのパワーを示すもので、そこは変えずにユーザビリティの高度化を図ったものと考えて良いでしょう。
ユーザビリティ、カタカナ文字の使用もほどほどにすべきですが、ようするに作業者の使い勝手を向上させるべく、様々にブラッシュアップさせた再設計で市場に投入されたもののようです。

現在、メーカー公式サイトでは、この新たな機種〈OF 1010 R〉に切り替わっているわけですが、実は市場には旧いタイプのものも流通しているようですので、購入の際は注意しましょう。

また、旧型の中古品も市場に出回っているようですが、中には詐欺サイトと思しきものも散見され、くれぐれも注意なさってください。

(私はUSA Amazonで購入したのですが、このUSA Amazonでは商品名の表記が新旧まぜこぜで混乱状態にあり、プチッした直後、果たして目的の改良版が届くのかどうか、不安で仕方なかったです。後述)

仕様

以下、スペックの確認を手掛かりに、作業者の視点からの評価を加えつつ、紹介していきます。

項目OF 1010 R(新型)OF 1010 EQ(旧型)
消費電力1010 w(8.5A)1010 w(8.5A)
速度(rpm)6,500 - 26,00010,000 - 24,000
コレット 6 、1/4"、8 mm 6 、1/4"、8 mm
ストローク(mm)5555
プランジ深さ微調整範囲(mm)88
ダストホース接続(mm)27/3627
重量(Kg)32.7

スペック上は新旧の大きな変更はほぼ無いと考えて良いようです。

では以下、具体的に視ていきます

消費電力

機種名の〈OF 1010 R 〉の1010ですが、上述の通り消費電力を示し、この機種のパワーを表すものでもあります。

FESTOOL社では、現在ハンドルーターのシリーズとして、3機種の製造販売を行っています。
Router OF 2200
▼ Router OF 1400
Router OF 1010

FESTOOL ハンドルーター シリーズ
FESTOOL ハンドルーター シリーズ

それぞれ、商品名の後段の数値は消費電力=パワーを示すものとなっている事がお判りかと思います。分かりやすいですね。

More »

イスラエルの狂気を なぜ世界は止められない

「イエス・キリスト生誕の地、ベツレヘムでクリスマス行事中止」(朝日新聞)

今日はクリスマスイブの12月24日。
新約聖書ではキリスト生誕の日とされ、現在のヨルダン川西岸、パレスチナ自治区に位置するベツレヘムで生誕したとの記述がある。
例年、ベツレヘム聖誕教会には多くの信者が集い、クリスマスミサを執り行い、祝うのがならわしだが、今年、ベツレヘム当局は「殉教者に敬意を示し、ガザの人々に連帯を示す」として、クリスマスの関連行事をすべて中止した。
また、教会内に崩落するガザに見立てたガレキを設え、ここにイエス・キリスト生誕をなぞらえている。

凄惨な状況のガザ、これこそジェノサイド

そのガザではどうだろうか。
Xmasを祝うどころか、侵略軍イスラエルによるガザ攻撃から10週が経過し、丸腰のガザ市民、2万人が虐殺され、今も数千人が空爆により倒壊したガレキに埋もれた状態に捨て置かれたママだと言われる。

生き延びた人とて、水も、電気も、ガスも、医薬品も、食糧品も絶たれ、レトリックでは無く、字義通りの飢餓状態にあり、明日に命を繫げられるかの確信など何も無い状況。

外部世界に開ける唯一のラファ検問所を通し、生命維持に必要な物資がかろうじて運び込まれているようだが、搬入されるそのトラックの荷台に殺到するガザの若者の混乱ぶりからは、絶望を越えた人間の素の姿を晒すようでいたたまれず眼を背けてしまう。

Xmasを境とし、イスラエルからの空爆も、侵攻していたイスラエルの戦車などからの砲撃による犠牲もますます増加の一途のようで、こうした殺戮に加え、銃砲が突きつけられた状況での南部への強制移動により、210万人と言われるガザ市民の8割を超える人々が難民化すると言う暴虐は、80年前のナチスのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)により定義づけられた、ジェノサイド(民族的集団の一部、あるいは全部を破壊する意図を持って行われる他の集団による殺戮)と言わずして、何と形容すべきなのか知らない。
その攻撃者はホロコーストの犠牲者であったはずのシオニストが統治するイスラエルだ。


80年前のナチス・ヒトラーから受けた残虐を、踵を返し、同じ事をやっている。

More »

古民家 解体材による、松材のベンチ

築100年の古民家を解体するにあたり、これらの古材から家具へと再生して欲しい旨の依頼があり、
いくつかの設計を終え、進めているところです。

古材は、ケヤキの9寸角大黒柱が1本、そして松材の桁、数枚。

大黒柱についてはオーナーの子女らがテーブルとして再生させたいとの要望があり、設計を進めているところ。

桁材は、オーナーの希望から書棚と、ベンチに再生。
書棚は既に制作を終え、納品済み。(下)

今回紹介するのはベンチ。
桁材は2間半ものの長さがありますが、設置場所の制約から二人掛けの 1.4mという小ぶりのものに。

この桁材は1尺2寸幅の立派な古材で、幅一杯に取りたかったものの辺材に虫害があり、
止む無く、1尺1寸ほどの仕上がりに。
矧いで広くしましょうと提案したモノの、そのままで構わない、との意向を示され、このままで。

設計、意匠

針葉樹ですので、小細工は避け、意匠はシンプルに。針葉樹のリニアな木理をそのまま活かし、
小振りながらも、重厚なイメージでいこうと考えました。

桁の厚みは2寸強ほどありましたが、裏側はモルタル様のものが付着していたため、これらを除去し、1.8寸、54mmほどの厚みに。
脚部は3.5寸ほどの厚みの材がありましたが、このままでは厚すぎるので、座板とのバランスから、2.3寸、70mmほどの厚みにカット。

54mmの座板と、70mmの脚部の結合は、見付を留めとする天秤差しで。
また中央部に1.2寸 × 2.5寸ほどの貫を脚部貫通させ固めることに

More »

家具の組み上げ(その4)

框モノの仕上げ削りについて

モノ作り、とりわけ、手仕事の技能というものは、もちろん個々の能力差もありますが、それ以上に、経験値の差が大きいと言うことは、当事者であれば誰しもが身に染みて感じるところでは無いでしょうか。

この記事の〈框モノの仕上げ削り〉についても同様、熟練を獲得するごとに体得され、やがては鉋の手捌きの上達とともに自家薬朗中のものとなり、身体的に獲得されたそれらのものも合目的的で論理的なものへと還元され、深く脳髄に刻み込まれていくもののようです。

さて、〈框モノの仕上げ削り〉ですが、既にこれまで述べてきたように正しく、合目的的な組み上げが為されたものは、比較的容易に行うことができるものです。

これとは逆に、歪んだ状態、平滑性が取れない状態のままに組み上げたものは、この仕上げ段階で大いに苦労することになります。

さらにこれに加え、多くの場合、所定の厚みに仕上がらず薄くなってしまい、設計通りにはいかなくなってしまうでしょう。

それだけに、この工程を正しく精緻に行い、欠損を極力少なくすることが重要となってきます。

上図は框組みにおける仕上げ削りの模式図です。

More »