工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

椅子制作、いくつかの覚え書き

Lam2000 工房 悠

はじめに

猛暑が襲いかかっています。木工に従事されている方々の体調が懸念されますが、いかがお過ごしでしょうか。

梅雨入りの期間は記録的な短さで驚きましたが、これが気象変動というモードの1つの表象という認識が正しいとすれば、大変な時代に突入したんだなと、妙に得心がいく昨今ですが、この猛暑を凌ぎ、収穫の秋を準備する時期として淡々と勤しんでいきたいものです。

前回に引き続き、椅子制作における木工の要諦について、いくつか書き記しておこうと考えています。

椅子制作は部品1つ1つにいくつもの加工工程があり、またそれらの加工工程のいずれもが傾斜角や曲線で構成されていることが多く、直線と定常的な角度で構成されるハコモノなどと異なり、柔らかな思考と柔軟なアプローチが必要です。

こうした制作手法は一般的な木工技法を基軸としつつも、椅子制作特有の領域も多く、こうしたところへの個別のアプローチにおいては制作者固有の技法を取ることも多く、どれがベストな手法なのかを定義づけることはあまり意味のあるものでは無いように思います。

ここで紹介する手法はあくまでも40年近い木工稼業の中から編み出した私なりのものになります。

ただその中にはいくつかのエッセンスが詰め込まれているかも知れず、そうしたところを読み取っていただき、必要とあらば取り込んでいただければうれしいです。

ところで、椅子制作固有の問題として、傾斜角、曲面などのアプローチが多いところから、一般的な木工技法からは精度の確保が難しかったり、生産性に問題を抱え込むと言うこともあるでしょう。
加工精度や、生産性の低さをどのように解決していくのかは、椅子制作における大きな課題です。

これらの工程をいかに高い精度を維持しつつ、生産性を高めるかに、プロとしての腕が問われてくるところです。

そうした観点から数回にわたり、加工工程ごとに、その考え方、アプローチ、手法についての要諦を考えていきたいと思います。

More »

アームチェア Yuh2022

ダイニングで用いるアームチェア。
新築住宅への調度品制作の構想を抱え、若いカップルがショールームに来訪していただいたのでしたが、いくつかの家具制作依頼の中の1つです。

椅子の展示品にも1つ1つ掛けていただき、気に入っていただいたものの、気紛れに旧い画像データを示したところ、工房起ちあげ間もない若い頃にデザイン、制作したアームチェアに刮目されてしまったのでした。

型板も処分してしまったところから、弱ったなと思いつつも、この旧作のアームチェアを新たにブラッシュアップさせ、制作することに。

意匠の基本部分はそのまま残しつつ、ワイドのボリュームアップと、前後脚部の造形をよりシンプルなものとして描き直す。
椅子としての基本的な機能を押さえつつ、過剰な装飾を排しつ、エレガントな美しさを追求。

また座板と脚部の結合の仕口も、より強度を増すよう改変。

材は真樺。一部、笠木などにミズメも混在。
笠木は105mmの厚みのものが必要で、ミズメの赤身で105角のものが潤沢に在庫していたことから、これを用いる。

座板は540mm幅もあるが、1枚板で構成。
真樺という材種そのものが大変品薄になっている中にあって、これはなかなか贅沢な木取りです。

座板の座刳り
座板の座刳り(矧ぎ無しの 1枚板)
More »

コードレス サンダーの快適さ(GEX10.8V-125H)

GEX10.8V-125H

はじめに

新たに市場投入された電動工具には魅了されること屡々です。
しかしいざこれを購入する場合、その特性、機能、性能、仕様などを子細に検討し、購入するに値するものなのかの判断を下していくことになりますが、これは経営資源に乏しい私のような個人工房では決して容易なものではありません。

実機を手に取り試用できる環境であればともかくも、オンラインでの確認に留まり、しかもインプレッションなどが上げられる前段階でのリリースされて間もない機種においては、隔靴掻痒なところも残り、迷います。

今回紹介するこのバッテリー仕様の小型サンダーの場合、疑心暗鬼なまま購入手続きに入るという、普段は慎重に過ぎる私にしてはやや無謀な飛躍だったかもしれません。

その無謀さを突破するだけの魅力があったからこそのものでしたが、結果、いくつかの懸念は杞憂に終わり、選択は間違っておらず、その魅力に取り憑かれてしまったというのがこの機種です。

むしろ懸念される最大のポイントだった、非力と認識してきた10.8V バッテリー工具の威力をまざまざと見せつけられるものでした。

以下、少し詳しく見ていきますが、大型のサンディングマシーンに掛けることのできない部位への素地調整には、今後大いに活躍してくれるに違いありません。

10.8Vコードレス ランダムアクションサンダー

前述したとおり、わずか10.8Vの起電力で、果たしてプロの現場で実用に耐え得るパワーを引き出すことができるものなのか、しょせんアマチュア向けの非力でオモチャに近いものでしかないのではないか。
ブルーボディー(BOSCH電動工具の場合、アマチュア向けとプロ向けを色識別させている)で機種名に〈PROFESSIONAL〉と銘打っているものの、マジなの?。

ところが 、これまで使い続けてきたワイヤードの GEX-125AC を死蔵させても良いのでは、という程の性能の高さと、コードレスならではの利便性を見せつけられたのでした。

少し感覚的に表現しますと、駆動させた状態で手で強く加工材に押さえつけた場合、非力であれば回転は衰えを見せるものですが、それも無いのです。

10.8V仕様とはいえ、強力なブラシレスモーターを備え、プロユースとして十分に現場の要請に応えてくれ、ワイヤードのものと較べ決して大きな遜色がないマシンと感じられたのです。

左から:BOSCH GEX125AC、RYOBI S-555M、BOSCH GEX 10.8V-125H
More »

勝利者のいないウクライナ戦争(2)(04/17 補筆あります)

 キーウ郊外・イルピンから避難する赤ちゃん(CNNからお借りしました 謝謝)

ウクライナ侵略戦争は8週目に

世界からの非難に席巻される前、数日あまりで首都・キーウを陥落させる、というプーチンの戦争戦略は脆くも崩れ去っている。

その後、2014年クリミヤ半島の武力による併合を機に強化された、ウクライナ東部の親ロシア派が一部支配するドンバスと呼ばれる地域へとロシア軍を集結させつつあるようで、この東部からクリミヤ半島へと結ぶ回廊の支配を巡る一大攻防戦が繰り広げられようとしている。

戦争戦略の大きな転換を余儀なくされた状況下、残すところ1月を切ったロシアの「戦勝記念日:5月9日」へと照準が合わされているとすれば、ここ数週間はこの戦争の帰趨を決する戦闘になるのは間違い無いところだろう。

火ぶたが切って降ろされた2月24日から3月半ばの頃まで、北部国境から首都キーウに繫がる幹線の街々での支配下に置かれたロシア軍による蛮行の数々が今、露わにされ、世界から囂々たる非難の嵐がまきおこっている。

ウクライナ東部ドネツク州のクラマトルスクの鉄道駅へのクラスター爆弾攻撃で子どもを含む多くの犠牲

欧州各国の調査団、HRW(ヒューマン・ライツ・ウォッチ)など、戦争犯罪への証拠収集も本格的に始まり、ロシア軍や、遺族により葬られた遺体の掘り起こし、医学的検証などから、用いられた武器や殺害された状況などが明らかになっていく。

この残忍な戦争犯罪を前に、EUはじめ、西側諸国によるさらなる制裁が加えられているが、むしろそうした影響より、ウクライナ市民を恐怖に陥れる目的を持ったこの種の蛮行はよりウクライナ市民の怒りと憎悪を掻き立て、萎えさせるどころか、逆に戦争意志の強化へと繫がっているようで、この後の東部を巡る一大決戦は壮絶な戦況を呈していくことになるだろう。

今日は、少し視点を変え、このウクライナ侵略へと踏み切ったロシア・プーチンの戦争意志の依って立つところから考えていこうと思う。

その前に、これまでを振り返る意味から、BBC記者のリポートをお借りし、ご覧いただこうと思う。
BBC【最初のキーウ攻防戦は終わったが……世界の危機続く 現地取材のBBC記者が振り返る】という記事から

More »

勝利者のいないウクライナ戦争という難問

イルピンへの容赦ないロシアの砲撃から逃れるウクライナ市民(CNNからお借りしました 多謝!)

プーチンの軍隊がウクライナ国境を越え、戦端を開いた2月24日から既に50日を越えている。外相級の停戦協議が断続的に開かれているとは言え、いまだこの戦争の出口は視える様子が無い。

ウクライナ北部、東部南部では、住まいとする家々、マンションがミサイル攻撃に崩落させられ瓦礫と化し、電気、ガス、水道などインフラ設備がやられ、街全体が灰燼に帰している。
そして避難に追いやられた人々は陸続と国外へと逃れ、その数、700万人とも、1,000万人とも言われている。

首都キーウ近郊のブチャ、イルピン、ボロジャンカ(「キーウ周辺で最悪の被害」04/07)など、北部ウクライナ国境からキーウに進軍する途上の主要な街での戦闘場面に目をやれば、流れ弾にやられたというのではなく、買い物からの帰路、ジャガイモが袋からこぼれ落ちた状態で横臥する屍体、避難しようと丸腰で教会へ向かう道すがら、ロシア兵に脅され、後ろ手に縛られ、拷問され、あるいはレイプされ、そしてTシャツを被せられた後頭部にカラシコフの弾が撃ち抜かれ、惨殺された屍体など、正視に耐えない報道からは、市民がターゲットにされているのことを示すものばかりで、世界を戦慄させている。


犠牲者は既に一般市民だけでも1,000名を数えているというが、その実数はこの数をはるかに超えるのではないかとも言われている。

このウクライナへのプーチンの軍事侵攻は2003年3月のブッシュ Jr.のイラク戦争、あるいは1939年9月のナチス・ヒトラーのポーランド侵攻と並ぶ、歴史的暴挙であり、その態様を視れば、議論の余地のない戦争犯罪である。
プーチンには一片の正当性も無い。

この侵略戦争はウクライナの領土保全と主権に違反し、国連憲章の第2条4などの諸原則に違反する行為である事は言うまでも無い。

ゼレンスキー大統領はこれを「戦争を越える、ジェノサイド」と強く非難するが、その謂いにも肯かざるを得ないトンデモ無い非人道的な侵略行為の様相を呈している。ヒューマン・ライツ・ウォッチをはじめとする世界的人道問題の調査団でも「戦争犯罪」の疑いが大変濃厚と語るほどだ。(「国際的な人権団体 “戦争犯罪行われた”さらに証拠集める方針」

…… と、ここまで書いてきたが、実は連日TVで伝えられる残虐な映像と、ここに加えられる現地市民の嘆き悲しむ姿とロシア軍へのおぞましいほどの物言いに嘘偽りは無いものの、どうしてもいずれかの側のプロパガンダに感情移入してしまう自身に気づき、冷静にならねばと戒めつ…、葛藤の日々が続いている。

More »

長尺モノの組み立て

キャビネットの制作工程は、家具制作の中では比較的シンプルと言えるかも知れません。

一般的には次のような工程になります。

  • 設計
  • 木取り
  • 墨付け
  • 枘穴開孔
  • 枘加工
  • 小孔加工
  • 面取り
  • 仕上げ
  • 帆立組み立て
  • 地板等の組み立て
  • 全体の組み立て
  • 引き出し、扉、戸などの制作
More »

鬼の霍乱と2度のPCR検査

1月中旬から10日間ほど床に伏していました。

感冒、つまり ただの風邪でした。

発症間もなく、38度を超える発熱が伴い、これが頭頂部から側頭部に掛けての強い頭痛をもたらし、持病の〈喘息〉を悪化させ、見るも無惨な姿を呈していたのです。

世情、COVID-19パンデミックの再拡大、新たな変異株・オミクロン株による第6波がメディアを支配するほどに喧伝されているところから、私の体調悪化は「オミクロン株にしてやられたんだろう !!!!」などと指摘されるにおよぶのも必至なものだったというところです。

私はけっして頑健な身体を誇るものではなく、どちらかと言えば華奢な体つき。
ただ風邪をひくことはめったになく、ここ10年以上は風邪由来で発熱したことはなく、インフルエンザにいたっては最後に罹患したのは25年ほど昔、というほど感冒には縁遠い男でした。

3ヶ月に1度、四半世紀以前からの持病である〈喘息〉の定期検診を受診しており、冬場になればこの呼吸器内科の専門医の主治医からインフルエンザワクチンの接種を強く薦められるのですが、これにもぬらりくらりとすべて断り続けてきたほどです。
(反インフルエンザワクチン派、といった堅固な信条からという程のものじゃなく、私の居住環境、行動スタイルからワクチン接種不用と判断してきたまでなのですが…)

こうした自らの体質を良く知るだけに、この度の発熱、頭痛には多少の焦りもあり、COVID-19感染を疑い、PCR検査を受ける事に。

More »

RUPES ミニサンダー 吸塵バックを換えてしまおう

めでたさも 中くらいなり おらが春
小林一茶

年の初めを言祝ぐには、あまり似つかわしく無い、COVID-19パンデミックに翻弄されるママの2度目の新年ですね。

パンデミックの喧噪も、そろそろ終末期へと移行する気配も感じられなくもなく(オミクロン株の挙動と特性などから…)、今年は新たな転機になるのではとの期待を込め、防疫にこれまで以上に心がけると共に、淡い近未来の展望を描きつつ、工房に籠もり、淡々と仕事に打ち込んでいこうと考えております。

どうか本年もよろしくお願いいたします。


さて、さっそくですが、今回は前々回のポータブルサンダーの集塵システムの続きの話しになります。

前回は BOSCH オービタルサンダーの吸塵バッグのすったもんだをリポートしたところですが、これを機に、うちの他のサンダーの集塵性能が気になり始めたのも宜なるところであったわけです。

中でも普段からよく用いる RUPES ミニサンダーの吸塵バックが布製であることにストレスを嵩じさせてしまい、今日は、これをなんとかもっとましなものにしようぜ、というリポートです。

More »

丸ノコ、切断補助のためのガイドレール

マキタのカタログをツラツラ眺め、惹き付けられるページがありました。
丸ノコの「長尺定規」というもの。

マキタ カタログより

いつからこの種のものを販売しているのか不明ですが、Amazon販売サイトで確認すれば、その登録日は 2020/7/30 とのこと。比較的新しいようですね。

ところで、この種のツールに関心の向きは、海外の電動工具メーカーでは既にかなり以前よりこうしたガイドレールが提供、販売されていることはご存じでしょう。

Festool ガイドレール

特にドイツ、FESTOOL社は以前よりこうしたレールシステムの商品ラインナップは充実しており、かつて私もルーター用にと、このFESTOOL社のものを1本仕入れたものです。
(なお、ご存じの通り、FESTOOL社の商品は高額になる傾向がありますが、国内調達となると、いわば非関税障壁的に過度に高額設定となり、アホらしくて手が出せず、しかしまた、これを海外から仕入れるとなると、国内正規代理店の展開がある事から、個人輸入には大きな壁が立ちはだかるといった問題も…。
その前に、丸ノコ本体からしてかなりの高額ですからね。選択肢としては優先順位から外さざるを得ないのが実状)

More »

集塵システムの進化(BOSCH ポータブルサンダー)

25年前に導入したポータブルサンダー(集塵部位は新たに購入)

木工現場でのサンディング

うちのサンディング作業は〈三点ベルトサンダー〉、というマシンで行うのがキホンです。
10cm幅、4mを越える長さのエンドレスのサンディングペーパーを回転させ、これを被加工材に押し当てて研磨するというシンプルな機構のマシンです。

中規模以上の木工所ではワイドベルトサンダーというマシンを用い、高精度なサンディングが可能なマシンを設置するのが一般的ですが、うちのような小規模木工所ではこの三点ベルトサンダーを設置するのがごく一般的です。

強力に研磨できますので、生産性は高く、その研磨性能には確かなものがあります。
プロの木工所でもこうしたマシンを置かず、ポータブルや手研磨で行うといったところもあるかもしれませんが、サンディングの作業性、研磨の精度等々、三点ベルトサンダーでさえ、圧倒的な優位性があります。
ここでは詳述しませんが、関心のある方はこのBlogの〈木工家具制作におけるサンディング〉に10回に渡り記述していますので、そちらをご覧下さい。

さて、この三点ベルトサンダー、ただ、間口が2mしか無いために、これを越える大きさの物、あるいは重量物などはこのマシンを使うのは困難で、その代替として、ポータブルの電動工具を使うことになります。

あるいはまた、既納品の再塗装を含む、現場作業では大型のマシンは使えませんので、ポータブルのサンダーは欠かせない道具ということになります。

BOSCH GEX 125A

このポータブルサンダー、私のところでは大小4〜5台ほどのサンダーを使い分けていますが、広い板面などへのサンディングには、25年ほど前から〈BOSCH GEX 125A〉という電動工具を使っています。
四半世紀の歴史、というわけですが、まったく劣化は無く、正常に機能しています。
設計から製造管理まで、BOSCHのクォリティの高さを実感させてくれますね。

More »