Archive for the ‘家具’ Category

CLARO李朝棚

CLAROウォールナットとブラックウォールナットを用いた二層の李朝棚。 数回前の記事で少し詳しく紹介したので繰り返しは避けたいと思うが、収まるべきところに鎮座し、使い手の手づから器を納めることで、本来の輝きを発してくれる […]

More »

CLAROウォールナットで李朝棚を

濃色材で李朝家具という冒険 ブラックウォールナットを主材とし、クラロウォールナットを正面扉に用いた二層の〈李朝棚〉。 納品後に許諾が得られればあらためて紹介させていただくとして、今日の画像は斜め上からのショット1枚だけで […]

More »

栃の座卓

信州でももっとも早くから開発されてきた別荘地Tにあらたに建造されたログハウス。 Webからアクセスしてきた I さんの別荘に座卓を納品させていただく。 別荘地であるので、敷地内の整備、植栽を含め、まだまだやらねばならない […]

More »

子供の成長とともに随伴する机、そして配慮の足りないBlogger

Blog記事は時として配慮が足りずに大事な顧客を泣かせてしまうということもある。 盛岡の小さな顧客への納品に関わる記事に貼付けた画像が問題だった。(こちら) 後日、この小さな顧客のお父さまから明かされたエピソードの1つと […]

More »

ちょこっとハイスツール、やや高Version

家具の寸法バランス、というものはなかなか微妙だね。 家具制作に携わって間もない頃の話になるが、和家具設計に関わり、指物職人にアドバイスをもらったことがあった。 いくつかのポイントの中で印象的だった話しの1つが寸法とバラン […]

More »

盛岡は桜の季節を越え、

パタゴニアへの旅ではないけれど、今日はちょっと遠く、東北盛岡への旅路。 予報では雨に遣られるところで、確かに白石あたりでは田植え前の代掻き作業で耕耘機を忙しく操作する人を濡らしているのが車窓から眺められたが、仙台を過ぎた […]

More »

カップボードはブラックウォールナットで

スタジオでの撮影でいきたいところだが、汚い工場でのものになっちゃった。 せめて日が落ちてからというわけで、夕食後三脚とストロボをい担いで工場に入り、数10枚のシャッターを切る。 光学フィルムではそうもいかないが、デジカメ […]

More »

仕事始めは“慣らし運転”から‥‥

今日から等し並に仕事始め。 この数年は松があける頃まで、普段できない読書、小旅行、デスクワークで過ごすことが多かったが、ちょっとした頼まれもので工房を開けることに。 椅子の修理である。 うちが作った椅子ではなく「B型ワイ […]

More »

クラロウォールナット、素材の力

かつて若かりし頃の話しで恐縮だが、あるグループ展へ出展した時のこと。 そこは大都会の郊外に位置する個人オーナーのギャラリーで、工芸全般の企画に熱心なところだった。 出展メンバーは、知人の木工家、陶芸家、ステンドグラス作家 […]

More »

樺のコレクションテーブル

樺での制作 本来はこれはブラックウォールナットによるものなのだが、展示会でこれに目を停めた客の要望で材種およびサイズ変更での新たな制作となった。 濃色材と白木では大きくイメージが異なるのをあらためて感じ入る。 発注者の受 […]

More »