工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

“プロダクト的思考”と“手作り家具”(その3)

前回の投稿から間が空いてしまいましたが、そろりと再開します。

ある若手の木工職人が廃業に至ってしまった作業内容が抱える問題の検証に関わる話でした。

あらためてそれらの問題を挙げますと、以下のようでした。

  1. 框組の加工に習熟していない(正しく理解されていない)
  2. 木取りにおける寸法基準が多様に過ぎる
  3. 設計上、枘の割り付けの非合理性
  4. 教育訓練の問題(親方の問題)

4つのうち、1〜3は技法的な課題で、それぞれ相互に関連する事柄と言えるかも知れませんので、まとめて考えていきましょう。

これらの技法的課題は木工全般からすれば、ごく一部の領域の問題でしかないかもしれません。
しかし、だからといって安易にスルーしてしまえるほどには些末な問題では無いでしょう。

いわゆる家具という1つの造形物を構成するためにはいくつもの部品、エレメントが関わり、これらが有機的に結合され、目的とする機能を満たし、かつ美しいフォルムを産み出していきます。

これらの技法は、いわば目的とする造形物を作り下げるための欠かせぬプロセスであり、またその品質によって、できあがりのフォルムもディテールも決まってくると言っても過言ではありません。

また、一方において、この巧拙は生産性にも大きく関わって来ることはご理解いただけるものと思います。

鉋イラスト

少し具体的にお話しましょう。
ある展覧会で見掛けた、水屋のようなキャビネットに施されていた柱と棚口の見付け部分の意匠を拝見し、ちょっと驚くことがありました。
More »

松坂屋・個展を終えて

昨19日をもって〈生活をアートしよう 杉山裕次郎 木工家具展〉を終了しました。

会場でお話しさせていただいた来場者の方々、お買い上げいただいた古くからの顧客、そして新たな出遭いから、顧客リストに名を連ねていただいた購入客の皆さま、深くお礼申し上げます。

会場は百貨店の中でも、やや分かりづらい場所であったり、主催者側からのアナウンスも行き届かなかった面もあるようで、必ずしも十分な態勢では無かったことは大きな反省点です。

また1月間という長期にわたる開催でしたが、会場の湿度10%前後という過酷な環境による、木工家具へのダメージは大きく、想定外の木口割れ、異様な痩せ、蓋の跳ね上がり、等々、困惑することが少なく無く、出展作品の厳選を求められますね。

独立ギャラリーなど、単独室内であればコントロールは自在であるでしょうが、百貨店一角のスペースではままなりません。

今回の出展作の多くはブラックウォールナットでしたが、その色調を重視するところから、人工乾燥をしておらず、天然乾燥だけの材料であったためでもあり、過酷環境に置かれると弱いです。
More »

“プロダクト的思考”と“手作り家具”(その2)

知人木工家の廃業

過日、松坂屋への搬入作業を手伝ってもらったHくんの工房を訪ねた折、いわゆるスカンジナビアンスタイルのワークベンチ(作業台)が鎮座ましましてあったのです。
御主、やるな、と訊ねたら、廃業してしまったSくんによる自作の物だったのが流れてやってきたということで、なるほどと合点がいったのでした。

実は私もこの廃業した若い木工家とは交流があり、起業時にはローズウッドの板をプレゼントしたりと、その誠実な人柄と努力家としての資質から期待を掛けていたものです。

ただ工房は70kmほど離れた場所と言うこともあり、その後の活躍ぶりは風の便りで聞く程度で、廃業の連絡があった時は、いささか驚かされたものでした。

この廃業との報せには驚かされる一方、仕方なかったかなとの思いも実はあったのです。

彼の場合、コンピューターワークが木工に就く以前の仕事から得意だったようで、そちらの方へと転身していったのですが、早く見切りを付けて良かったのかも知れないと思ったからです。


さて今日のテーマですが、彼のような誠実で努力家の木工家が廃業を余儀なくされた背景の1つに、木工作業における低い生産性が生業として成立する限度以下だったことを、残念ながら挙げざるを得なかったという問題です。
More »

“プロダクト的思考”と“手作り家具”

160410y
Top画像は、個展会場に展示した座布団椅子のラダーの部品。
1,200Rの円弧状のパーツに枘を付けたところ。(材はオニグルミ)
この後、小さな坊主面を取り、サンディングに掛かります。

1台、11本のラダーが必要ですので、会場に展示した3台ですと33本。
歩留まりを考慮し、40本ほど作ります。

今回は改良を施しましたので試作的な意味もあり、3台分の分量ですが、通常は10〜20台分ほど作ります。したがって、その数、110本〜250本ほどに。

これをいかに高精度、高品質に作るかは、この椅子制作上における1つのキモにもなってきます。
“手作り家具”屋さんは、この場合、どのようにして作れば良いとお考えになるでしょうか。
More »

“納まり”と“逃げ“ (個展会場の作品から)

松坂屋個展会場・座布団椅子

松坂屋個展会場・座布団椅子


個展も会期半ばと言うことになりますが、1月間という、かなり長期にわたる百貨店での会期を運営するのは大変です。

出展者である私は週末を中心に立ち会うようにしているものの、それ以外は百貨店のスタッフに委ねざるをえず、接客対応の面では、やや心許ない感じは否めません。

さて、今回は出展作のいくつかに焦点を当て、その特徴などを記述してみたいと思います。

座布団椅子

これは私の定番の椅子の1つですが、これまでのものに、数カ所、改良を施しています。
製品番号を付しているわけではありませんが、これまで数たくさん制作してきた椅子です。
たぶん、200脚近く制作してきています。

個人でこれだけの数の椅子を制作してきたのは、数回にわたり、複数個所でのカタログ通販で販売されてきたことにあります。

最初は『家庭画報』のショッピングサロンというコーナーへの掲載によるものでしたが、あまりの受注の殺到で、訓練校在校生の夏休み時をねらい、アルバイトを雇い、何とか凌いだものです(その生徒にも良い経験になったはず)。

その後、別途、新たに商社系のカタログ通販でも好評を博したものです。
More »

個展・開催中です

matsuzakaya1603e

画像中心に紹介しましょう。

matsuzakaya1603d
ところで、百貨店の過酷な過乾燥環境下による反り、収縮の問題は覚悟していたものの、いささか頭を抱え込んでいるところです。
More »

名古屋で個展をします

以下の要綱で個展を開催します。

生活をアートしよう
杉山裕次郎 木工家具展

会場:松坂屋名古屋店 本館8階 イベントスペース (adobe readerアイコン8f.フロア図)
会期:3月23日(水)〜4月19日(火)

〈同時開催:木工椅子展〉
藤井慎介、古谷禎朗、矢澤金太郎、矢澤良平、山本修

松坂屋名古屋店での個展は2010年以来、2度目です。
このところ、住宅と工房の建造に専念するという状態でもあり、展示会は控えていたところでしたが、断ってばかりいますと、やがては忘れられてしまいますからね。苦笑

会場は松坂屋名古屋店、本館8F美術フロアのイベントスペースです。
(前回は新館でしたが、お間違いの無いように)

約15坪ほどのスペースですが、同時開催の椅子展もありますので、私はキャビネット、テーブル、椅子、フロアスタンド他、小物、等、20点ほどになりますでしょうか。

1月間という長い期間ですので、私は週末中心に在廊する予定です。
面談しての家具制作の相談などは、できれば週末にお願いできればありがたいです。
また事前にご連絡頂ければ、可能な限りに対応させていただきます。

お待ちしております。
More »

震災から5年という月日が意味するもの(2)

3.11大震災からの復興を考える=日本のこれからを見通す試金石

前回視てきた復興をめぐる5年後の状況、槌音高くインフラ事業が進む一方、間もなく避難生活支援金が打ち切られる被災者の困惑、あるいは移り住んだ災害復興住宅地域での過疎化、高齢化など、これらは日本が抱える問題をある種先取りしたものと言える。

この後、少し詳しく見ていく福島第一原子力発電所過酷事故からの復旧、つまり本格的に始まった廃炉へ向けての事業の困難さ、あるいはこの事故への原因究明すら十分になされぬままに、日本列島に設置されている44基の原発のうち、24基が再稼働申請され、そのうち、川内原子力発電所1号機が「新規制基準」の下で運転再開し、これを突破口として今後相次いで運転Go!の認可が出されようとしているのだが、311前の「安全神話」が「世界一厳しい安全基準」なるもので糊塗され、ゾンビのごとくに復活しようとしている。

前回冒頭に挙げた大津地裁での高浜原発の運転差し止め決定は、まさにこの「安全神話」を根底から問いかけるものだったわけで、高浜固有の問題点を突くというよりも、311、F1過酷事故とその後の原発を巡る旧態依然たる日本の暗部を問いかけ、待った!を掛ける静かな叫びだったように思う。

ドイツは3.11に衝撃を受け、当事国日本の優柔不断な対応を尻目に、直後からそれまでの原発依存体質からの脱却を決断し、一転して再生可能ネルギーへの転換を決め、着々と新産業への税制誘導などで、フクシマを克服する道を選択している。
この東西の彼我の差は何だろう。

さて、これまで記述してきた3.11復興事業に投下されている巨額予算の使徒に関わる問題、原発過酷事故後の再稼働に突き進む原発ムラの問題。
これらの信じがたい国内の空気を考える時、地球規模での大きな時代の転換点に差し掛かっている状況下、世界の中にあって、日本が果たしてこの先、社会経済システムがまともに存立し得るのか、という怖ろしくて考えたくも無い事柄が頭をよぎる。
More »

震災から5年という月日が意味するもの

高浜原発・運転差し止めの仮処分決定

311・F1過酷事故から5年目を数日後に控え、高浜原発の立地県の隣、大津地裁 ・山本善彦裁判長は9日、滋賀県の住民29人の訴えを認め、稼働中の原発に対しては初めて、高浜原発、2基の運転を差し止める仮処分決定を下した。

NHKの速報が耳に入ったのは移動中の車のラジオからだったが、すぐに駐車場に車を止め、TVに切り換え、再確認後にTwitterで拡散。
iPhoneのキータッチは少し震えていたと思う。

それほどに唐突な感が否めなかった。
最初は前の週、高浜原発4号機の再稼働から本格的発送電に入る矢先の変圧器トラブルとかによる停止、再調査に関わる事案へのイエローカードかと早とちりさせられたのだったが、さにあらず、運転差し止めの住民訴訟への司法判断だったと認識し、あらためて、事の重大さに気づいたというわけだ。

つまり、現在運転中の3号機を含む、関西電力高浜原発3、4号機を停めよ、という前例の無いセンセーショナルとでも形容したくなるほどの司法判断だった。


識者によれば、かなり粗雑な検討しかなされていないとする原子力ムラ的受け止めも無くは無いが、「全体としては是々非々の、バランスのとれた決定」「裁判所は政府の主張を機械的に追認するのではなく、自分の頭で一つ一つ主要な争点を判断している。かなり高度なレベルで判断しており、非常に真摯な姿勢で取り組んでいる。原発に対して批判的な技術専門家の判断が生かされた形だ」(吉岡斉・九州大教授)といったところが、大方の受け止め方と言って良いだろう。
More »

大型の帯ノコを導入

CB 100FA、CB 75F

CB 100FA、CB 75F

改められた作業所は以前のほぼ倍の広さがあり、機械のレイアウトには余裕があるのですが、これ以上の機械設備の強化は必ずしも意欲的ではありません。

しかし、やってくるのですね。
今回は日立工機の《CB 100FA 》という、鉄車タイヤの本格的帯ノコ。

日立工機 〈CB 100FA 〉

起業時には、この〈CB 100FA〉の弟分の〈75F〉(画像右)、という機種を導入していたわけですが、較べれば、何と〈75F〉の小さきことか。弟分というより、まるで子ども。

しかしながら、75Fでも硬質材、315mm厚までも問題無く切削できましたし、細帯ノコでの曲挽きなどにも活躍するなど、決して侮れない働きをしてくれていたことも確かです。

今回、大型の帯ノコ導入に踏み切ったのは、決して75Fの調子が悪いからというわけではありません。
ただ少しだけ不満が。
挽き割りが315mmまでしかできないという、その絶対的な能力においてです。

どうしても400mmほどのものを割きたいケースがあり、県立工業試験場に借りに出向いたり、菓子折ぶら下げ、大型帯ノコを設備している知人木工所を訪ねたりと、心苦しい思いもしてきたというわけです。

例えば、キャビネットの帆立の部材であったり、扉の鏡板などを挽き出すケースです。

1つの部材を1枚の板では無く、複数枚で矧ぎ併せ、構成するというのは可能な限りに避けたい。極力避けたいわけです。

一般に入手可能な材料で、かつ一般に個人でも設置可能な機械により、獲得可能なものであれば、それを追求すべきであろうと考えるのです。
More »