工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

震災から5年という月日が意味するもの(2)

3.11大震災からの復興を考える=日本のこれからを見通す試金石

前回視てきた復興をめぐる5年後の状況、槌音高くインフラ事業が進む一方、間もなく避難生活支援金が打ち切られる被災者の困惑、あるいは移り住んだ災害復興住宅地域での過疎化、高齢化など、これらは日本が抱える問題をある種先取りしたものと言える。

この後、少し詳しく見ていく福島第一原子力発電所過酷事故からの復旧、つまり本格的に始まった廃炉へ向けての事業の困難さ、あるいはこの事故への原因究明すら十分になされぬままに、日本列島に設置されている44基の原発のうち、24基が再稼働申請され、そのうち、川内原子力発電所1号機が「新規制基準」の下で運転再開し、これを突破口として今後相次いで運転Go!の認可が出されようとしているのだが、311前の「安全神話」が「世界一厳しい安全基準」なるもので糊塗され、ゾンビのごとくに復活しようとしている。

前回冒頭に挙げた大津地裁での高浜原発の運転差し止め決定は、まさにこの「安全神話」を根底から問いかけるものだったわけで、高浜固有の問題点を突くというよりも、311、F1過酷事故とその後の原発を巡る旧態依然たる日本の暗部を問いかけ、待った!を掛ける静かな叫びだったように思う。

ドイツは3.11に衝撃を受け、当事国日本の優柔不断な対応を尻目に、直後からそれまでの原発依存体質からの脱却を決断し、一転して再生可能ネルギーへの転換を決め、着々と新産業への税制誘導などで、フクシマを克服する道を選択している。
この東西の彼我の差は何だろう。

さて、これまで記述してきた3.11復興事業に投下されている巨額予算の使徒に関わる問題、原発過酷事故後の再稼働に突き進む原発ムラの問題。
これらの信じがたい国内の空気を考える時、地球規模での大きな時代の転換点に差し掛かっている状況下、世界の中にあって、日本が果たしてこの先、社会経済システムがまともに存立し得るのか、という怖ろしくて考えたくも無い事柄が頭をよぎる。
More »

震災から5年という月日が意味するもの

高浜原発・運転差し止めの仮処分決定

311・F1過酷事故から5年目を数日後に控え、高浜原発の立地県の隣、大津地裁 ・山本善彦裁判長は9日、滋賀県の住民29人の訴えを認め、稼働中の原発に対しては初めて、高浜原発、2基の運転を差し止める仮処分決定を下した。

NHKの速報が耳に入ったのは移動中の車のラジオからだったが、すぐに駐車場に車を止め、TVに切り換え、再確認後にTwitterで拡散。
iPhoneのキータッチは少し震えていたと思う。

それほどに唐突な感が否めなかった。
最初は前の週、高浜原発4号機の再稼働から本格的発送電に入る矢先の変圧器トラブルとかによる停止、再調査に関わる事案へのイエローカードかと早とちりさせられたのだったが、さにあらず、運転差し止めの住民訴訟への司法判断だったと認識し、あらためて、事の重大さに気づいたというわけだ。

つまり、現在運転中の3号機を含む、関西電力高浜原発3、4号機を停めよ、という前例の無いセンセーショナルとでも形容したくなるほどの司法判断だった。


識者によれば、かなり粗雑な検討しかなされていないとする原子力ムラ的受け止めも無くは無いが、「全体としては是々非々の、バランスのとれた決定」「裁判所は政府の主張を機械的に追認するのではなく、自分の頭で一つ一つ主要な争点を判断している。かなり高度なレベルで判断しており、非常に真摯な姿勢で取り組んでいる。原発に対して批判的な技術専門家の判断が生かされた形だ」(吉岡斉・九州大教授)といったところが、大方の受け止め方と言って良いだろう。
More »

大型の帯ノコを導入

CB 100FA、CB 75F

CB 100FA、CB 75F

改められた作業所は以前のほぼ倍の広さがあり、機械のレイアウトには余裕があるのですが、これ以上の機械設備の強化は必ずしも意欲的ではありません。

しかし、やってくるのですね。
今回は日立工機の《CB 100FA 》という、鉄車タイヤの本格的帯ノコ。

日立工機 〈CB 100FA 〉

起業時には、この〈CB 100FA〉の弟分の〈75F〉(画像右)、という機種を導入していたわけですが、較べれば、何と〈75F〉の小さきことか。弟分というより、まるで子ども。

しかしながら、75Fでも硬質材、315mm厚までも問題無く切削できましたし、細帯ノコでの曲挽きなどにも活躍するなど、決して侮れない働きをしてくれていたことも確かです。

今回、大型の帯ノコ導入に踏み切ったのは、決して75Fの調子が悪いからというわけではありません。
ただ少しだけ不満が。
挽き割りが315mmまでしかできないという、その絶対的な能力においてです。

どうしても400mmほどのものを割きたいケースがあり、県立工業試験場に借りに出向いたり、菓子折ぶら下げ、大型帯ノコを設備している知人木工所を訪ねたりと、心苦しい思いもしてきたというわけです。

例えば、キャビネットの帆立の部材であったり、扉の鏡板などを挽き出すケースです。

1つの部材を1枚の板では無く、複数枚で矧ぎ併せ、構成するというのは可能な限りに避けたい。極力避けたいわけです。

一般に入手可能な材料で、かつ一般に個人でも設置可能な機械により、獲得可能なものであれば、それを追求すべきであろうと考えるのです。
More »

鉋掛けという工程について(番外編・鉋台の口埋)

口埋めに関してですが、前回の記事、Top画像に上げたのが、私の鉋の実態というわけで、おそれながら、恥部を曝してしまっていたところですが、
下端のみの画像で、分かりにくいとの問い合わせもあり、恥晒しの序でに、表側も貼り付けてみるることにしました。

160224a

位置関係は前回Top画像のモノと同一に対応しています。
上、左から順に

  • 寸二 小鉋 口埋:赤樫、鉋店による施工
  • 寸八 平鉋 口埋:赤樫、鉋店による施工、木ねじ、スライド式
  • 寸八 平鉋 口埋:赤樫(台も赤樫)、鉋店による施工、木ねじ、スライド式
  • 寸四 中長台 口埋:白樫、自身の施工

More »

鉋掛けという工程について(番外編・油台に関する考察)

160221a

Linkしている四日市の服部さんのBlog「ろくたる工房日誌」から、鉋の「油台」に関わる記述の記事にピンバック[1] が飛んできました(2016/02/20)
せっかくいただいたピンバックですし、良い機会ですので、あらためて1つの記事として上げることにしました。

油台にしたきっかけ

鉋の仕立ての初期の段階では、私は油台にしていませんでした。
その後、あることをきっかけとして油台の効用に目覚めたということがありました。

それは昨年103歳でお亡くなりになった静岡の斎藤さんという椅子制作のプロフェッサーを講師として迎えた静岡市主催の業界若手職人を対象としたワークショップでのこと。

斎藤さんは戦前、皇居の調度品などを手掛けている工房で修行し、戦後、地元の静岡に帰省し、個人の椅子工房を起ち上げ、地域では唯一と言ってよい、様式デザインの椅子を制作していた椅子職人、いわゆるチェアメーカーでした。

このワークショップにおいては、様式的な椅子ですので、曲面加工、曲面仕上げの工程がとても多く、小鉋、反り台鉋、南京鉋などを駆使することになったわけです。

私は一通り、そうした道具を所有していましたが、ただ経験が浅かったこともあり、十分に使いこなせず、初心者の域を出ていなかったのではと、思い起こします。

先生、斎藤さんは、頻繁に鉋の台に油壺を当て、油を引き、シュ、シュッと小気味よく削っていたものです。
確かに自身でも行えば、曲面切削で起きがちな摺動性の疎外も緩和され、スムースに運行することに気づくという経緯がありました。

その後、同講座参加者のキャリアの職人から「油台」なるものを教示され、小鉋全般にわたり「油台」にするということになっていったわけですね。(寸六、寸八の平鉋にはしません)
More »


❖ 脚注
  1. WordPressでのピンバックとは []

鉋掛けという工程について(その5、最終)

ミズナラの甲板への鉋掛け

ミズナラの甲板への鉋掛け

木材加工における精度のファジーさ(有機素材ならではの特徴)に機敏に対応する切削の道具

木のモノ作りとは言っても、その世界は多彩ですが、そんな中にあり家具制作というのは、木の部材を組み上げ、目的とする形にしていく、というところに大きな特徴があります。

框を組んだり、ハコモノを組んだりといった作業内容です。

私たちは、それらを構成するいくつもの部材の段階で可能な限りに完璧な仕様で作り上げ、これを一気に組み上げ、仕上げ段階へと進んでいきたいと考えるわけですが、しかし必ずしも、そのようにはいかないのが現実です。

組み上がってからも、余分なチリ(組んだ個所からはみ出してしまった部位)を払い(サスリ、などと呼びますが、所定の平滑な面に揃えるための切削工程の呼称です)、本来の仕様を満たすための工程は欠かせません。

あらかじめ、この仕様を満たそうと高精度な墨付けからはじまり、様々な加工における精度の追求を心がけるのですが、必ずしも完璧にはいかない事の方が多いのが、木という素材を用いる宿命です。
More »

鉋掛けという工程について(その4)

被加工物としての木材(有機素材ならではの物理的、美的な素材)を活かす切削の道具

この項は、前々回でも詳しく触れてきたところですが、家具調度品を作るにあたり、その素材を木に求める、というのは、何よりもまず、工作に容易で、適格性を持った素材として、人間生活のとても近いところにあったのが木だった、と言うのが第一義的だったのでしょう。

あまりに凡庸な回答ですが、生活雑記から建築に至るまで、人間生活にあって、古来よりもっとも近しく使われてきたのが木であったことは事実であり、現代においてもなお、これは自明なことなのです。

「自明」と言い切るのには、いささかの戸惑いは隠せません。
現代とは工業社会から製造される生産物がそれまでの自然から由来されていた素材に全面的に代替されてきた社会であるからです。

自然由来の、非合理的でファジーな素材は工業化社会には適正を欠き、扱いにくい素材であり、工業製品に代替されていくのは工業化社会にあっては必然的な宿命なのです。
More »

鉋掛けという工程について(その3)

これまで平面の板を作り上げるための切削に関する話でしたが、次ぎに、曲面加工などでの切削のケースに話を進めていきます。

反台鉋、南京鉋

反台鉋、南京鉋

日本の手鉋には多様なタイプがありますが、曲面加工において活躍するのは、反台鉋、南京鉋などが代表的なものになります。
右はうちで通常つかっている反台鉋、南京鉋などです。
様々な曲率を持ち、多様なサイズのものがあります。

これらも平鉋同様、台鉋の特性を有するわけですが、曲面加工においても、この台鉋という特性が大きな機能を持つのだということを中心に見ていきます。

一定の曲率を持った曲面を仕上げる場合、様々な方法があるでしょう。

一般には帯ノコ、あるいはジグソーなどで荒削りし、その後、上述した反台鉋、南京鉋などで仕上げる。

あるいはヤスリで削っていく、という方法もあるでしょう。

さらには、強力なサンディングマシーンで削り出す(「ユニバーサルサンダー」?)、という方法もあるかも知れません。

加え、私の場合では、型板を作り、ルーターマシン、あるいはシェイパー(高速面取り盤)で倣い切削という方法を取ることもあります。(多くの場合、その後、あらためて反台鉋、南京鉋などで仕上げます)。

鉋イラスト

More »

鉋掛けという工程について(その2)

切削工程の合理的な思考として手鉋を考える

家具制作工程において、手鉋を掛けて仕上げると言うことを、何かストイックなニュアンスで考え勝ちになるのは、現代社会における産業技術水準からすれば、あまりにも感性的なアプローチに過ぎるのではと思われるかも知れませんが、その謂は半分正しく、残り半分は間違ってるとまで言わずとも、ぜひ思いを理解してもらいたいものです。

けだし、この感性的なアプローチというのは、現代社会において、木工などと言う酔狂な仕事にうつつを抜かしている私たちに取り、欠かせぬ思考スタイルであるのも確かなのですから・・・。

しかし、木工職人のストイックな精神に支えられた鉋掛け工程という考え方は、前回の記述で述べてきたように、事柄の半分を言い当てているに過ぎません。

木材加工工程における鉋掛けというのは、もっと本質的な意味を持ちます。

あくまでも私見ですが、機械万能の時代にあり、手鉋による仕上げ加工の手法の特徴を、仮に以下のように定義づけてみたいと思います。

  1. 切削工程における有能な道具としての評価
  2. 被加工物としての木材(有機素材ならではの物理的、美的な素材)を活かす切削の道具
  3. 木材加工における精度のファジーさ(有機素材ならではの特徴)に機敏に対応する切削の道具

以下、少し詳しく解説を試みます(数回にわたるかもしれません)。
More »

鉋掛けという工程について

160126a

日本建築と手鉋

日本の寺社仏閣に代表される、伝統的な建築様式で建造された建築物は、恐らくは世界の中にあってある種の傑出した美の世界を誇っていると言って良いだろうと考えています。

これは建築様式、意匠をはじめ、様々な要素が折り重なって産み出される美であるわけですが、主材であるヒノキの絹目肌が放つ光沢も、美質を構成する上で欠かせぬ要素の1つであることは肯けることだろうと思います。

この〈ヒノキの絹目肌が放つ光沢〉は、ヒノキという樹種が固有に持つ物理的な特性によるものであることは言うまでもありませんが、これに加え、やはり何よりも手鉋で削り上げた肌目の美しさにより醸しだされたものであることは、ご存じの通りでしょう。
ヒノキが有する本来の木肌の美しさは鉋で見事に削り上げるからこそ、引き出すことができるのです。

この鉋という道具は当然にも世界各国にそれぞれ独自のものがあるようですが、身びいきを差し引いてもなお、日本の鉋はたぶん世界ひろしと言えども、最高の切れ味を誇る優れた道具と言って間違い無いでしょう。

この鉋、いわゆる台鉋と言われる道具は、鍛造された炭素鋼の刃物を木製の台にすげられただけという、とてもシンプルな構造ではあるのですが、今の形になるまで、様々な改良が施されてきたと考えられますが、上述したようにヒノキの肌をそのまま外部に晒すという仕上げ方法、その美意識を特徴とする、日本建築様式の独自の発展の過程で、その要請に応える形で進化、洗練されてきたのでは無いかと、私自身は考えています。

江戸の昔にあっては、たぶん、この鉋は、他の大工道具とともに、その時代の最先端をいく、先進的な道具であったでしょうし、これを自家薬籠中の如くに使いこなす職人はさぞ誉れ高い職業人であったに違いありません(現代の木工職人の社会的地位のおぞましさを知れば、彼らの嘆きはいかばかりでありましょうか)
More »