工房通信 悠悠: 木工家具職人の現場から

バンドソーなどでの曲線加工は?(ドイツのテキストから)

バンドソーでの曲線切削

いきなりで恐縮ですが、バンドソー(帯ノコ)での曲線切削は皆さん、どうされているのでしょう。
うちの椅子の定番に《座布団チェア》というのがあり、これには1,200rのラダー(背の部分の格子状のパーツ)が12本もあり、作るのはなかなか面倒な工程になります。

【BGHM】 Berufsgenossenschaft Holz und Metall決まっているわけではありませんが、一度のLot数は10脚以上です。
1脚ごとに作っていたのでは埒があきません(≒生産性が上がりません)。
10脚とし、このラダーは120本。半端な数ではありませんね。

私はこれを設計した際、いかに効率的、高精度にラダーを作るかを考え、1つのジグを作ったのですが、それを未だに使用しています。

また、この120rだけではなく、正Rの曲線切削、加工でも、同様のジグを作っているのは当然です。

なお、バンドソーでの加工と同じように、その次の工程である仕上げ切削を行う、ピンルーター(ルーターマシン)でも兼用できるものとして活用しています。

本テーマでは余談になりますが、次の工程になるホゾ付けは、ホゾ取盤で行うことになります。
既に曲線加工を済ませている部材へのホゾ加工は至難です。
その難易度を解決してくれるのが〈ホゾ取り盤〉というわけですね。

5〜6本のラダー部材を一気に①総丈を決め、②胴付きを付け、③ホゾをカットしてしまいます。
正確無比に、ホゾが付いた部材が産み出されます。

さて、ところで、うちに訪ねてくる若い木工職人に、こうした正R切削工程の方法につき「あなたならどういう方法で作るか」と訊ねると、多くの場合「墨付けし、バンドソー、あるいはジグソーで挽くんじゃないですか。その後ルーターで仕上げるのであれば、型板を作り倣い加工になるのでは?」と答えます。
More »

高速縦軸面取盤(SHAPER)の安全フェンス

面取盤 安全フェンス

面取盤 安全フェンス

〈高速縦軸面取盤〉という木工機械は決して特殊なものでもなく、ごくありふれた機械です。
中規模の木工所、特に椅子や、複雑な造形を伴うような業種のところでは、むしろ必須の機械と言っても良いほどのものです。

ただしかし、私のような個人工房では導入しているところは少ないのが実態のようです。
機械の導入にあたっての思考基準、ポリシーは、制作スタイルから、求める品質等で決して一様ではなく、様々なわけでしょうから、導入しない相応の理由もあるのでしょう。

またさらには、ピンルーター(ルーターマシン)さえ導入していないところも多いのが実態であれば、ましてや面取盤など、といった感じでしょうか。

高速縦軸面取盤という機械

高速縦軸面取盤は様々な加工能力を持っています。

まず、名称通り、被加工材に面取り加工をすることができるマシンです。
ピンルーター(ルーターマシン)も同様の能力を持っていますが、ルーターは一般には1/2”(≒12mm)シャンクですので、刃物径も30φほどが限度になります。

これに対し、高速縦軸面取盤は1”(25.4mm)シャンクですので、100φ〜125φほどまでのカッターが使えます。
More »

新工房および住居の造作、設備(その3)

和室

昨今、住宅の間取りにおける和室の比重はずいぶんと蔑まれていると言うのは、やや大げさかも知れませんが、それほどに顧みられなくなっていることも確かなようです。

あったとしても、広く取ったリビングの間取りの一角に、床を1段高くし、全体の居住空間のアクセント的な位置づけであるかのような佇まいであったりというのが住宅デザインの流行のようです。

確かに核家族化し、畳の間が恋しい高齢者もいなければ、子どもを正座させ、説教垂れる親は嫌われるタイプの筆頭であるかのよう。

先に多くの家具を納入させていただいた個人宅には、由緒正しき和室があり、漆の座卓を置かせていただいたわけですが、その八畳間には炉が切られ、ご婦人とともに茶の湯を嗜まれるという人でして、そうした限られた人々に受け継がれて行かざるを得ない宿命の住空間なのかもしれません。


そんな絶滅稀少的な和室ですが、由緒正しきとまではいきませんが、1部屋和室を設けました。
私は思考スタイルとともに、生活スタイルはモダンであろうと努めている者の部類ですが、制作する家具の中には、私自身は決して意識的では無いのですが、いわゆる和のデザインとしてカテゴライズされるものも少なく無く、そうしたものを展示するスペースとして必要でもあったわけです。

もちろん、たまにはゲストルームとしても活用する積もりではありますが。

和室・床の間

和室・床の間


More »

新工房および住居の造作、設備(その2)

キッチンキャビネット

キッチンキャビネットとは言っても、現在完成しているのは、前回触れたシステムキッチン背部、リビング側カウンター下のキャビネットと吊り棚のみ。

この後、キッチンコーナー、背部壁面に沿わせ、食材収納キャビネット、サブ調理台、などを作らねばなりません。
まだ途遠し、です。

吊り棚

前回も触れたように、この吊り棚はダイニングリビング側に調理に伴う異臭、排煙などを回さないための効果をねらった処置でもあるわけです。

富士工業のレンジフードは機能性もさることながら、その排気性能はとても良いものがありますので、吊り棚の効果の程は如何ほどのものかは分かりませんが、物理的に遮断するわけですので、無いよりはましでしょう。

こうした対面式キッチンのカタログなどを視れば、ほとんどフルオープンのスタイルが多いようです。
間取りとして広くは取れないダイニングを、より開放的に、すっきりと美しく見せるためでしょう。

しかし、設計士の推奨のまま、あるいは格好良いショールームのスタイルをそのまま真似した施主の少なく無い人たちは後悔しているかもしれません。

ダイニング側に油煙が周り、天井、照明、家具などに油がこびり付くということもあるでしょうし、またあるいは調理場は常に美しく装わねばならず、これが日々の重い課題になってしまっている、などと嘆きの対象になってしまうかも知れません。

キッチンキャビネット・吊り棚

キッチンキャビネット・吊り棚


More »

新工房および住居の造作、設備

新装なった工房兼住宅につき、これまで建具の一部につき紹介してきましたが、引き続き、ショールーム、住まいの造作など、私自身が関わったところを中心とし、また関連して設備周りなどを紹介していきます。

リビングダイニング

まず住まいのリビングダイニングから。

現在の日本家屋では、狭隘な国土、土地政策の貧困のためもあり、狭い敷地を家族構成に無理やり合わせたような間取りが多いのが一般的ですが、ご多分に漏れず我が家も同様です。

また全体の床面積では比較的余裕のあるものの、ショールームに大きく譲ったこともあり、さほど余裕のある間取りではありません。

したがってリビングだけを独立させて設けるわけにもいかず、ダイニングキッチンと同一空間とし、ダイニングテーブル、TVボード、ソファなどが置かれるという、良くあるパターンの間取りです。

妻と二人という家族構成でもあり、またリビングとは言っても仕事以外での居宅は、二人ともそれぞれの書斎(私の場合はショールーム一角の事務コーナーでしかありませんが)で過ごす時間が多く、これで過不足無いでしょう。

このリビング、実はまだ完成していません。画像左の壁面、穴ぼこがあるのは、この部分に納まる予定の、収納キャビネットの制作が未着手。
このままでは断熱が効かず、あきませんので、寒くなる前に何とかしなければいけません。

リビングダイニング1

リビングダイニング1


More »

今時のドリルプレス〈DELTA:18-900L〉

〈ドリルプレス〉、日本では一般にボール盤と呼ばれる機械です。
なぜ、ドリルプレスという呼称なのか、はたまたなぜボール盤という呼称なのか、
産業技術における日米の比較文化の対象にもなりそうな微妙な差異ですが、今日は我が工房にとり10数年ぶりとも言えそうな木工機械の新規導入のお話しです。

〈ドリルプレス〉、つまり穴を開ける小型の機械のことです。
木工には必須のマシンですので、これまでも使ってきたわけですが、このマシン(日立B13という最も普及しているタイプ)が昨年故障し、工房を改めたこともありますので、新調を迫られていたところでした。

導入したのはDELTAの〈18-900L〉という機種。

まず、機械の画像とスペックから見ていきましょう。

DELTA:18-900L

DELTA:18-900L

More »

SYSTAINER(システナー)という優れたツールケース(追記あり 2014.10.22)

はじめに

私たち木工職人にとり、電動工具を合理的に使いこなすことは、制作プロセスの効率化、快適な作業工程において重要な領域の事柄と言って良いでしょう。

その時代の産業技術の粋を集めた道具を使いこなすことは、より高精度で、より効率的な加工工程を獲得することに繋がり、高品質な制作を補助してくれるものになるわけです。
これは作業者にとっても、ムダの無い手さばきに繋がることでもあり、より快適に臨むことができるとも言い換えることができますね。

今日紹介するSYSTAINERというたツールケースは、こうした道具、とりわけ電動工具を整理、収納するためのものです。

快適な作業を補助してくれる優れた電動工具も、作業の全体の流れを抑えてしまうような収納、整理の方法では困ります。

スムースに出し入れができ、その道具のアタッチメント、専用ツールなどが適切な場所に然るべく整理されているのは、使い勝手をより高めることになり、どうせならそうしたことを適えてくれるツールケースを使いたいもの。

SYSTAINER新旧

SYSTAINER 新旧


More »

LEDは未来を拓く(続)[追記があります]

LEDの現状

LEDがノーベル物理学賞の受賞対象となったことで、製造メーカー関連株が急伸といったニュースが流れましたが、この受賞のインパクトは大きく、一段とLEDの普及は進むと思われます。

今回の受賞を機に、一般家庭や、公的施設への照明設備としてさらに普及していくことは製造現場としても大きな期待を寄せていることでしょう。

LED需要は前回お話ししたように照明の分野での省電力効果からの普及とともに、ここ5-6年は液晶ディスプレーのバックライトとしての伸びが著しかったことは、あまり一般には知られていない事かも知れません。
ただ、これらの需要が一巡した今、スマホのディスプレー用として製造システムがシフトしているようです。

ところで、ご存じかも知れませんが、国内製造のトップはこの度のノーベル物理学賞受賞者の中村修二氏が在籍し、研究していた日亜化学です。いや、国内Topであるとともに世界Topのはず。
特許権を巡る司法の場での争いをよそに、その研究結果がもたらす圧倒的な稼ぎを見れば、いかにすごい研究成果だったかが分かります。
今回の受賞にあたり、同社からのコメントは素っ気ないものでしたが、これを機に需要拡大を見込み、恐らくは巨大な設備投資に着手していくことになるでしょう。[1]

LED

More »


❖ 脚注
  1. 日亜化学工業のコメント「大変喜ばしいことです。とりわけ受賞理由が中村氏を含む多くの日亜化学社員と企業努力によって実現した青色LEDであることは、日亜化学にとっても誇らしいことです」(朝日新聞2014.10.08 ) []

LEDは未来を拓く

はじめに

あなたの周りには、LEDはどれほど使われているでしょうか。

住宅内ではLED電球、夜間の足下灯、玄関灯、あるいは自転車のヘッドライト、尾灯。
懐中電灯にヘッドランプ、さらにはキーホルダーにもボタン電池で駆動する小さなLED照明器具が付いているかも知れません。
最近、新車に替えられた方は、ヘッドライト、テールライトがLEDであった可能性が高いかも知れません。

さらには、大型液晶TVのバックライト、そしてPC、Macのモニターの液晶バックライトも徐々に蛍光管からLEDに切り替わりつつあります。
スマホは恐らく、ほとんどがLEDバックライトを採用しているのでは無いでしょうか。
なお、こうした液晶バックライトの場合は単にLEDの省電力性だけではなく、それまで液晶バックライトに用いられてきた蛍光管には必須の水銀使用が避けられる意味も大きいです。
また、私たち木工職人にとり欠かせない充電式の電動工具の多くには、手元照明として欠かせないLEDランプが内蔵されていることは知っての通りです。
今後開発される電動工具には必須の付属機能になることは明らかで、これが搭載されない電動工具は見向きもされなくなってしまいかねませんね。

一歩外へ出れば、交通信号も雨の日などの視界の悪い環境でも強い輝度を出せるLEDに徐々に切り替えられつつありますし、新設の街路灯にも取り入れられるなど、こうした公共空間の照明設備には積極的に導入設置されているようです。

LED

事ほど左様に、LEDは現代社会の生活の隅々にまで普及しています。
昨日スウェーデン王立科学アカデミーから発表された2014年度のノーベル物理学賞は青色発光ダイオード開発の3名の科学者、中村修二・米カリフォルニア大サンタバーバラ校教授天野浩・名古屋大教授赤崎勇・名城大教授に授与されました。
この3名の科学者による世界的で歴史的な貢献は、誰の目にも明かで、また実に分かりやすい受賞対象であったことは疑いようが無いですね。
スウェーデン王立科学アカデミー、2014物理学賞発表の席(公式Webサイト、動画から借用)

スウェーデン王立科学アカデミー、2014物理学賞発表の席(公式Webサイト、動画から借用)


More »

建築資材の「進化」と流通の激変

建築資材の進化

昨今、建築資材の進化が著しい。
恐らくは今回のような建築に直接関わることが無いかぎり、そうした変化に気づかずに過ごしていたかも知れません。

新しい様々な金属素材(例えば、当工房の壁面はガルバリウム鋼板での施工)、化成素材(メラミン樹脂の化粧板、ポリカーボネートの多様な商品化など)、建築金物(ネジから機能金物まで)等々。
あるいはまた前回触れたルナファーザなどもそうした新素材の1つとカウントできるでしょう。

こうした様々なジャンルの素材の新規展開に加え、工具などの新製品展開もめざましいものがあります。

無論、こうした進化は、実は一方では伝統的な資材の衰退という問題と対になっていることであるとか、加えて伝統的工法の担い手が消えつつあるといったことなどとも裏側で深く関わっていることについては、私たちも自覚的であらねばと考えています。

これは、合理的、省資源、コストカットで、といった方向での進化であることは当然としましても、用いられ、作られる目的の建築物本来の価値を、より高めるものであれば良いのですが、必ずしもそうとは言い切れず、チープなもの、うわべを装うだけの、美しさとは逆方向のもの、そして耐久性の劣る方向に堕してしまいかねないものもあるでしょうから、選択には注意したいところです。
選択肢が増えた分だけ、施工者側としては、商品知識とともに、その開発意図まで深く理解する識見がより高く問われるということになります。
More »