Archive for the ‘木工家’ Category

老いを忘れた木工職人

画像はかつて修業時代に世話になった親方Fさん。 白山スーパー林道でのショット。 世話になった期間はわずかに1年足らずであり、ボクのことを弟子とも思ってはいないかも知れないが、しかしその時間の長さをはるかに超える多くのこと […]

More »

北欧からの一陣の風

一昨日、“木工家具界の貴公子”の異名を持つ ? 須藤生さんをはじめ、カール・マルムステン、およびカペラ・ゴーデンの卒業生4名の訪問を受ける。うち一人はテキスタイル作家。 北欧における木工房、木工所はとてもクリーンなすばら […]

More »

メディアなどから見るJames Krenov氏の訃報(続々々)

JK没後三月と少し。 1981年にスウェーデンから居を移したC/R(College of the Redwoods)があるFort Braggの冬はどのようであろうか。 さてその後久々にWeb上でJK関連情報を漁ってみる […]

More »

Alan Peters、その2

Alan Petersという英国の木工家については、評伝を記すほどの理解も無ければ、著書刊行後の作品についての情報も持ち合わせていなかったことは前回触れた通りだ。 そこであらためて手持ちの洋書やら、ネット上で探したのだが […]

More »

メディアなどから見るJames Krenov氏の訃報(続々)

James Krenov 没後1月が経過した。 仏教徒ということではないが今日は月命日というわけだ。 これまでJK氏の訃報に関わる関連記事を3回ほど上げてきたが、ネットをリサーチしていてあらためてその影響力の広さ、強さに […]

More »

James Krenov氏、訃報(追記あり)

巨星、墜つ ! 現地時間9日に亡くなられました。1920生、89歳でした。 クレノフ氏ほど、木工という世界の豊穣さ、芸術性、思弁性、現代性、可能性をその劈頭で実践するとともに、優れた書籍を著すことで雄弁に語り、また教育現 […]

More »

年越し展示会「大門 嚴 展」

お正月三が日、飲んだくれのオヤジが一方にいれば、年越しで遠方からの仕事・展覧会をしている人がいた。 旭川の木工家、大門 嚴さん。 恒例となっているヤマハリゾートホテル・葛城北の丸での 《北国生まれの木の家具達「大門 嚴 […]

More »

「木工家ウィーク 2008・NAGOYA 記念フォーラム」に参加して

本Blogをスタートさせて間もない頃であったと記憶しているが、2005年名古屋丸善ギャラリーでのChairs展(谷進一郎、高橋三太郎、村上冨朗、デニス・ヤング各氏)での出展作家とボクを含む木工家の交流はこの6月初旬の「木 […]

More »

「スウェーデンで家具職人になる!」ikuruさんの著書

カール・マルムステンに留学していたストックホルム在住のIkuruさん(本BlogでもLink)による著書がこの度発刊。 ボクも発売日前にAmazonから発注したものの、他の本と数冊合わせて発注したことからなのか、まだ入荷 […]

More »

親方工房への訪問

資材調達などの所用で静岡の街に出掛け、途中元親方の工房に出向く。 過日訪問された時に依頼された(というより、申し出た)ロールトップ(鎧戸)デスクの内部、宮部のデザインに関わる資料の提供のためである。 既に木取りが進んでい […]

More »