Archive for the ‘工具、道具、機械’ Category

鉋掛けという工程について(その4)

被加工物としての木材(有機素材ならではの物理的、美的な素材)を活かす切削の道具 この項は、前々回でも詳しく触れてきたところですが、家具調度品を作るにあたり、その素材を木に求める、というのは、何よりもまず、工作に容易で、適 […]

More »

鉋掛けという工程について(その3)

これまで平面の板を作り上げるための切削に関する話でしたが、次ぎに、曲面加工などでの切削のケースに話を進めていきます。 日本の手鉋には多様なタイプがありますが、曲面加工において活躍するのは、反台鉋、南京鉋などが代表的なもの […]

More »

鉋掛けという工程について(その2)

切削工程の合理的な思考として手鉋を考える 家具制作工程において、手鉋を掛けて仕上げると言うことを、何かストイックなニュアンスで考え勝ちになるのは、現代社会における産業技術水準からすれば、あまりにも感性的なアプローチに過ぎ […]

More »

鉋掛けという工程について

日本建築と手鉋 日本の寺社仏閣に代表される、伝統的な建築様式で建造された建築物は、恐らくは世界の中にあってある種の傑出した美の世界を誇っていると言って良いだろうと考えています。 これは建築様式、意匠をはじめ、様々な要素が […]

More »

《Delta 18-900L 》が最優秀に選定(FWW Tool Test)

これまでこのBlogでは、新たに市場にリリースされた電動工具の中、木工作業に関わりの深いジャンルにあって、革新的なものなどを中心に、いち早く紹介してきましたが、ここ数ヶ月ではでは〈Delta 18-900L 〉の紹介記事 […]

More »

作業台、あるいはWorkbench(WorkTopの素材を考える)

現代では欠かせない合板という木質材料 Workbenchに用いる材料などについて見てきたわけですが、これまでは無垢材を対象としてきたものの、現場においてはワークトップ(甲板)については合板を用いるケースも少なく無いという […]

More »

作業台、あるいはWorkbench(続き、のようなもの)

今日は黒猫の話ではなく、Workbenchに用いる材料などについて、考えてみます。 ケヤキで作られたWorkbench 最初のWorkbenchを制作してから数年後、当時福知山の訓練校に通っていた友人から、奈良市内のある […]

More »

マシンのドレスアップ

月日の経つのは早いもので、工房の引越から早8ヶ月。 今日は久々に大工さんから電話が入る。 新年明けて早々に打ち合わせしたはずの、工房の外構関連の施工打合せにこの日曜にやってくるとのこと。 おやおや、忘れちゃっていたわけで […]

More »

コンパクトルーター(トリムルーター)機種比較

はじめに 先のFestool トリムルーター〈MFK700〉に関しては、ある読者から「購入する予定でいたところ、この記事で思いとどまってしまい、どうしてくれる?!」(笑)といった内容のメールがあり、もう少し詳細に比較検討 […]

More »

機械、電動工具をその性能、品質から考える(MFK 700 Trim Router)【番外】

はじめに 本編については、編集上、あるいは記述内容からも、改編した方が良いところはいくらでも指摘できそうですが、今はそうした余裕も無く、ひとまず終えたいと思っています。 そうした立場ではありますが、読者でここだけは指摘し […]

More »